Amazonの業務委託として配達の仕事ができるアマゾンフレックス。

「自分のペースで自由に働ける」と公式サイトでは記載していますが、実際のところ継続して仕事することができるのか疑問に感じる方もいると思います。

この記事では、アマゾンフレックスの現役ドライバーの声をTwitterやYouTubeでかき集めてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

アマゾンフレックスとは?

アマゾンフレックスとは、個人事業主としてAmazonの荷物を配送をする仕事です。

黒ナンバーの軽貨物車とスマートフォンさえ持っていれば、誰でも登録して仕事を始めることができます。

一度登録すれば、好きな日程と時間を選んで働くことができるので、子育てをされている方から本業でされる方まで多種多様な形で働くことができます。

アマゾンフレックスプロとは?

アマゾンフレックスのサービス当初には、アマゾンフレックスプロというものがありました。

安定した仕事を提供する代わりに週5日以上働くプログラムです。

現在は廃止され、代わりに「アーリーアクセス」が登場しました。

アーリーアクセスの対象者になると、最大30日間先のオファーまで取得することができるようになります。

詳しくは、「アマゾンフレックスのアーリーアクセスとは?対象者になる方法を解説!」にまとめました。

アマゾンフレックスの悪い口コミ・評判

アマゾンフレックスで働く中で、納得がいかないこともあるみたいです。

まずは、悪い口コミから見ていきましょう。

荷物が多い日もある

日によって配達個数にバラつきがあります。

荷物が多く、終了時間ギリギリまでかかってしまう場合もあります。

突然、契約解除になる可能性がある

アマゾンフレックスは、会社員ではなく業務委託なので、仕事のパフォーマンスによっては、契約解除(クビ)にされてしまうこともあります。

契約解除の理由は、荷物を配りきれなかった日が続いたり、遅刻や無断欠勤を繰り返すことで起こります。

詳しい理由については、アマゾンフレックスのアカウント停止要因11選!クビ・契約解除にならない行動の記事で詳しく解説しています。

車が通れない道を案内されるときもある

アマゾンフレックスで使用する専用アプリには、ルート案内機能があります。

このSNSの投稿のように、車では通れない道に案内される場合もあるので、アプリに依存するのは止めた方が良いでしょう。

アマゾンフレックスの良い口コミ・評判

早く終わる日もある

この投稿者は、2時間半で業務が終了したようです。

荷物が少ない日も同じ報酬を受け取れるので嬉しいですね!

こちらの投稿者も、荷物が少なかったようで2時間半も早く帰宅しています。

煩わしい人間関係がなくストレスが減った

アマゾンフレックスを始めてからストレスが減ったとの投稿でした。

人とのコミュニケーションは、ステーションでの挨拶やお客様に荷物を渡す程度です。

高い報酬を得られる

アマゾンフレックスは、時給2,000円前後なので、週5日稼働すれば35万円以上は稼げます。

いつでも休める

アマゾンフレックスは、当日に仕事を休むこともできます。

体調不良や軽貨物車の故障といった問題もありますからね。

稼働日の24時間以内にキャンセルを頻繁に行うとアカウントが傷ついてしまうのですが、24時間以上前の仕事は何回でもキャンセルすることが可能です。

アマゾンフレックスの口コミまとめ

悪い口コミもありますが、個人事業主のドライバーが働いている理由は、ここで紹介する利用者の生の声がある通り、働きやすい環境や報酬に満足している方が多いからですね。

実際に働いているの口コミで、早く帰宅できたり、ストレスがなくなったりなど満足して働いている方が多いです。

軽バンを探している人向け

アマゾンフレックスに登録するためには、黒ナンバーの軽貨物車が必要です。

黒ナンバーの取得は、各地方にある運輸支局に出向いたり、面倒な手続きをする必要があります。

「GMSリース」は、そのような手続きをすべて無料で代行してくれるので、初めて軽貨物業界に挑戦する方でも安心です。

下の記事でGMSリースについてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:GMSリースの口コミ評判!審査に通りやすいって本当?

口コミからみえるアマゾンフレックスのデメリット

アマゾンフレックスを利用する際のデメリットとは何でしょうか?

悪い部分を解説していきます。

  • 業務委託だから仕事の安定性に欠ける
  • 黒ナンバーの貨物軽自動車を用意する必要がある
  • 経費は全てドライバー持ち

業務委託だから仕事の安定感に欠ける

アマゾンフレックスは、Amazonから雇用されるのではなく、個人事業主として働くことになります。

突然のアカウント停止だったり、オファーが来ないと仕事を受けることができません。

リスクヘッジとして他の業務委託にも登録するのもオススメです。

黒ナンバーの貨物軽自動車を用意する必要がある

アマゾンフレックスで働くためには、黒ナンバーの貨物軽自動車を自分で用意する必要があります。(営業用ナンバーの軽バン)

車はリース・レンタルするか、購入するか選びます。

リースでは、黒ナンバーの取得も同時に行ってくれるので、素人でも簡単に貨物軽自動車を用意することができます。

経費は全てドライバー持ち

アマゾンフレックスでかかった経費は、個人事業主として自費で払うことになります。

実際にかかる経費は以下があります。

  • ガソリン代
  • 駐車料金
  • 通行料
  • オイル交換や車検など

上記でかかった費用のレシートや領収書はしっかりと保管しておきましょう。

口コミからみえるアマゾンフレックスのメリット

アマゾンフレックスの悪い部分を見てきましたが、今度は良い部分も紹介していきます。

これから紹介する部分がいいなと思う方には、アマゾンフレックスに向いているのでオススメです。

  • 高い報酬を得られる
  • 働く日や働く時間を選べる
  • 人間関係のストレスがない
  • 配達が終われば、直帰できる
  • 報酬は週払い

宅配初心者でも働ける

アマゾンフレックスに参加されるほとんどの方が宅配未経験です。

仕事内容はとてもシンプルで、拠点で荷物を集荷し、お客様に荷物を届けるだけです。

配達するルートは、Amazonの配達アプリで表示される順番に行くだけなので迷うことはありません。

稼働10回目までは、荷物の量が少なめに設定されているので、アプリの使い方や配達方法をゆっくりと覚えられます。

面接なし!学歴や職歴に関係なく働ける

アマゾンフレックスには、面接がなく、学歴や職歴、特別なスキルがなくても働くことができます。

黒ナンバーの軽貨物車さえ用意できれば、今すぐに働くことができます。

高い報酬を得られる

アマゾンフレックスでは1ブロックで16,000円前後の報酬が得られます。

特別な資格やスキルがなくても、働くことができるので、未経験でも稼ぐことができます。

働く日や働く時間を選べる

アマゾンフレックスのアプリから、働く日や働く時間を自由に選択できます。

最低月に何日働くなどの制約もありません。

また取得したオファーも24時間前であれば、キャンセルすることも可能です。

人間関係のストレスがない

アマゾンフレックスで人と接する機会は、拠点スタッフでの挨拶やお客様への受け渡し程度です。

上司や同僚といった煩わしい人間関係が苦手な方にも向いています。

残業がない

取得したオファーの終了時間を超えて配達を行うことはありません。

すべての配達先に訪問した後は、拠点に戻り荷物を返却します。

終了時間まで時間が余っていても帰宅することができます。

直帰できることもある

荷物を全て配り切れれば、ステーションに戻らずに帰宅することができます。

8時間のオファーで2時間早く終わることもあるので、「時給換算すると3,000円超えていた…!」なんてこともあります。

とにかく拘束時間が短く、残業は絶対にないのでワークライフバランスの満足度は高いです。

報酬の支払いは週に1回

報酬の支払日は毎週水曜日です。

急な出費に対応できたり、出費をコントロールしやすいのも助かります。

アマゾンフレックスのメリット・デメリットまとめ

アマゾンフレックスでの仕事は、業務委託契約のため、収入が会社員と比べて不安定になる可能性があります。

稼働した分だけ報酬が得られますが、毎日絶対に仕事がある保証はありません。

また、軽貨物車両を自分で用意し、ガソリン代やオイル交換なども、自分で負担する必要があります。

安定して給料を受け取りたいには、アマゾンフレックスは向かないでしょう。

会社員と比べて不安定な働き方である一方で、働く日や働く時間を自由に決めることができたり、特別なスキルなしで高い報酬を得ることができます。

上下関係やコミュニティはないので、対人関係のストレスもかなり軽減されます。

軽貨物車とスマートフォンさえあれば誰でも登録できるので、今の働き方に疑問を持っている方は、アマゾンフレックスで働いてみたらいかがでしょうか。

軽バンを探している人向け

アマゾンフレックスに登録するためには、黒ナンバーの軽貨物車が必要です。

黒ナンバーの取得は、各地方にある運輸支局に出向いたり、面倒な手続きをする必要があります。

「GMSリース」は、そのような手続きをすべて無料で代行してくれるので、初めて軽貨物業界に挑戦する方でも安心です。

下の記事でGMSリースについてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:GMSリースの口コミ評判!審査に通りやすいって本当?

アマゾンフレックスの拠点一覧

アマゾンフレックスの詳しい拠点(ステーション)場所は、下記の記事でまとめています。

関連記事:アマゾンフレックスのステーション場所一覧まとめ!配達するエリアはどこ?

配達するエリアや地域についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アマゾンフレックスの求人

より詳しくアマゾンフレックスについて知りたい方は、下のサイトをご覧ください。

仕事の内容の詳細や特徴、対応しているエリア、必要な資金などについて詳しく記載されています。

\「Amazon」もしくは「アマゾンジャパン」で調べると出てきます/

アマゾンフレックスの詳細な情報を見る

アマゾンフレックスのQ&A

アマゾンフレックスは宅配初心者でも大丈夫?
未経験でも初心者でも大丈夫です。
アマゾンフレックスを始めたほとんどの方が宅配未経験者で、性別や年齢に関係なく多くの方が働いています。
副業でもできる?
アマゾンフレックスは副業でも稼ぐこともできます。
アプリで自分のスケジュールにあった日を選択できるので、自分のペースで自由に働けます。
ただし、車両代や自動車保険の費用がかさむので、週1だけ働くのは割に合わないでしょう。
女性でも配達できる?
アマゾンフレックスは女性でも配達できます。
荷物のほとんどが片手で持ちあげられるほどの軽さです。
ステーションでも多くの女性ドライバーを見かけるので、安心して働くことが出来ます。
夫婦で配達はできる?
夫婦で一緒に配達を行うことができます。
ただし、車両のシェアをすることはできないので、車検証の名義の方が、拠点で必ずチェックインをする必要があります。
夫婦別々で配達を行う場合は、車両を2台用意する必要があります。
報酬はいつ振り込まれる?
報酬は毎週水曜日に振り込まれます。
水曜日~火曜日に稼働した分が、週払いで振込されます。
どの都道府県で働けるの?
詳しくは、以下のページのまとめました。
アマゾンフレックスのステーション場所一覧まとめ!配達するエリアはどこ?
ぜひ参考にしてください。
貨物保険は必要?
貨物保険に加入する必要はありません。
配達中に破損したり紛失した荷物はAmazonが補償してくれます。
開業届を出していないと登録できない?
アマゾンフレックスは、個人事業主向けのサービスですが、開業届を提出していなくても登録することができます。
どんな車を用意したらいいの?
アマゾンフレックスで使用できる車は、黒ナンバーの軽自動車です。
また、荷室幅の大きさや積載量の条件をクリアする必要があります。
アマゾンフレックスで使える車については、【アマゾンフレックスの車がない人向け】車両条件とおすすめの軽バン車種を解説を参考にしてみてください。
黒ナンバーの軽バンを貸してくれる会社はある?
黒ナンバーの軽バンは、「GMSリース」の会社でリースすることができます。
リースの特徴については、黒ナンバーの軽貨物車をリースをするメリットは?おすすめのリース会社も紹介!でも解説しています。

【まとめ】アマゾンフレックスの評判・口コミまとめ

アマゾンフレックスは月に最大44万円稼ぐことができます。働く日や働く時間も自由に選ぶことができ、人間関係のストレスもありません。

特別な資格や能力も必要とせず、宅配未経験でも稼げます。

エリアは全国に展開しているので、地域に関係なく働くことができます。

  • 未経験でも稼ぎたい方
  • 自分のペースで働きたい方
  • 人間関係のストレスで悩みたくない方

上記に当てはまる方には、アマゾンフレックスの働き方はオススメです。

登録方法や必要書類について詳しく知りたい方は、アマゾンフレックスの登録方法とやり方を解説!必要書類も合わせて紹介でも解説しています。

軽貨物車を探している方向け

アマゾンフレックスに参加したい方へ。

コロナの影響で半導体の供給不足に陥り、自動車の仕入れができない状態になっています。

在庫がひっ迫している状況ですので、今すぐ軽バンを入手したい方は在庫があるか確認しておきましょう。

「GMSリース」は、頭金や初期費用が0円なので、資金がなくても軽バンを入手することができます。

また、黒ナンバー取得代行があるので、未経験の方でも安心です。

\リース料金3万円代!/

⇒GMSリースの在庫とプランを確認する

黒ナンバーの取得代行アリ!

GMSリースの特徴についてもう少し詳しく知りたい方は、下の記事を参考にしてください。

関連記事:⇒GMSリースの口コミ評判!審査に通りやすいって本当?

軽バンをリースするのに審査が不安という方は、下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:⇒審査なしでリースできる黒ナンバーの軽貨物車!審査が不安でも軽バンが借りれる

コメントを残す