アマゾンフレックスの黒ナンバーのリースは忙しい方にこそおすすめ

アマゾンフレックスで使用できる黒ナンバーの軽バンリース・レンタル会社を紹介します。

次の理由からリースで始める人が増えています。

  • 「資金がなくても軽バンを入手できる」
  • 「納車が早いからすぐに働ける」
  • 「ローンよりも審査に通りやすい」
  • 「続ける目処がたったら、リースした軽バンを買い取る」

もちろん、車を購入するよりも長期で見ると高くなるデメリットもありますので、いい部分と悪い部分も含めて参考にしてみてください。

リースとは?

「リース会社が購入した車を、契約者が月額料金を払うことで使用できる」サービスです。

カーリース会社の中には、使用する分だけ料金を払うことができたり、契約期間が終了したら車を買い取ることもできます。

ステーションの募集が終わる前に"車両"を用意しよう!

全国に460店舗を展開している"中古車販売最大手"のガリバー

ガリバーでは、アマゾンフレックスで働くために必要な「黒ナンバーの登録」や「貨物軽自動車運送事業経営届出書の提出」を無料で行ってくれます。

50万円も出せば良質な中古車が手に入ります。

頭金0円で分割購入もできるので、資金がない方でも軽貨物をスタートさせられますよ。

  1. 黒ナンバーの登録あり
  2. 最長7年ローンも組める
  3. 月々8,000円代から軽貨物を始められる
  4. 支払い開始月を6カ月先送りにできる
「自分で探す手間いらず」
プロが希望にある中古車を探してくれます

※注意

ウクライナ情勢やIT機器の急激な需要拡大によって半導体の供給不足に陥り、自動車が仕入れにくい状態になっています。

在庫が枯渇している状況ですので、アマゾンフレックスで働きたい方は、ステーションの募集が締め切る前に、在庫を確認しておきましょう。

【黒ナンバー取得代行あり】アマゾンフレックスで使用できるリース会社

アマゾンフレックスで使用できる黒ナンバーの軽バンをリースできる会社をまとめました。

  • 審査に通りやすい「GMSリース」
  • 新車を業界最安でリースできる「リースナブル」

以上、2社を紹介していきたいと思います。

コロナの影響で半導体の供給不足に陥り、自動車の仕入れが難しい状況が続いています。

軽バンを用意する予定がある方は、在庫があるのか今すぐチェックしておきましょう。

審査通過率98%以上の「GMSリース」

GMSリース
月額リース料金中古車:25,000円~
新車 :35,000円~
審査方法信販会社・独自審査
黒ナンバー取得代行無料
頭金・初期費用0円
リース期間3年〜4年
契約満了後の買取0円〜15万円
車種エブリイ・ハイゼットカーゴ・クリッパー

GMSリースは、審査通過率98%以上なので、ローンやリース会社の審査に落ちてしまった方でも通る可能性が非常に高いです。

なぜ、審査通過率が98%以上なのか。

それは、「MCCS」と呼ばれる最先端のIoT装置が、軽バンに取り付けられているからです。

GMSリースは、いつでも現在地の特定と遠隔でのエンジン停止ができます。

つまり、無職やフリーターであっても審査に通る可能性があり、様々な事情を抱えた方でもアマゾンフレックスで高い収入を手にすることができます。

\審査通過率98%以上!/

リンク先:GMSリース公式サイト

ローンに落ちた方や借り入れのある方でも審査に通って配達を始めています

新車リースが業界最安値のリースナブル

リースナブルは、黒ナンバーの取得代行も行ってくれます。申し込み時に「軽貨物運送業を始めるので黒ナンバーの取得もお願いします」と伝えましょう。

リースナブルの軽バン
月額リース料金新車:25,850円〜
審査方法信販会社・独自審査
黒ナンバー取得代行0円
頭金・初期費用0円
リース期間5年
契約満了後の買取15万円〜20万円
車種エブリイ・ハイゼットカーゴ・クリッパー・N-VAN

頭金・初期費用0円なので、資金がない方でも新車をリースできます。

中古の故障リスクが気になる方や新車で気持ちよく配達したい方が利用されています。

しかも、黒ナンバーをリースできる会社で、新車が月額26,000円を下回っているのはリースナブルだけです

※2022年11月現在

この価格よりも安い月額料金の場合は、ボーナス併用払い(60,000円×2回)が組み込まれているでしょう。

リースナブルには2つのプランがある。
  • 1,000kmプラン
  • 2,000kmプラン

配達業務で使用するので、2,000kmのプランを選びましょう。

選択したコースの走行距離を超えると1kmにつき15円追加料金がかかります。

アマゾンフレックスのリース・レンタルは走行距離に気を付ける
スズキ エブリイ

アマゾンフレックスでは、配達エリアにもよりますが、1日に40km~90km前後走行します。仮に1日90kmで22日間走行した場合、1カ月の走行距離は1,980kmです。

多めに見積もっても2,000km以内に収まります。

走行距離制限があるリース会社で申し込むよりも、3,000円以上安く契約できるのでリースナブルはお得です。

リースナブル

しかし、安心してください。

走行距離を大きくオーバーしたとしても、5年後の契約終了後に軽バンを15万円で買い取れます。

その場合、オーバーした分の走行距離の料金は支払う必要はありません。

リースナブル

新車の黒ナンバーリース業界最安値!

リンク先:リースナブル公式サイト

新車のエブリイ・ハイゼットカーゴ・N-VANを配達で使用できます

アマゾンフレックスはレンタカーを登録することはできない

アマゾンフレックスは、リース車を登録することはできますが、レンタカーはできません。

レンタカーは、車両の使用者が運転手ではなく、会社名義になっているからです。

アマゾンフレックスは、車両の使用者」が運転手(あなた)になっている必要があるので、レンタカーは使用できません。

リースとレンタルの違いって?

リースは、1年以上の長期契約

レンタルは、1週間~3カ月の短期契約

リース車両は、車検証の使用者が契約したい人(あなた)になります。

レンタルは、所有者も使用者もレンタル会社になります。

アマゾンフレックスやピックゴー、運送会社に所属する際には、車検証の使用者が「あなた」でなければ登録できませんので注意しましょう。

リースをするデメリット

資金がない方にとってリースは最適な選択ですが、悪い面はあるのでしょうか?

長期で見ると支払額が大きい

カーリースでは「車検」や「自動車税」の金額も含んでいる他、リース会社への手数料も入っているので、総支払金額は車を購入したときよりも高くなります。

自分の車にはならない場合がある

毎月お金を払っていても自分の物にはなりません。車の所有者はリース会社になります。

しかし、契約満了時に買取できる会社もあるので、そういったリース会社を選ぶのもオススメです。

途中解約の場合でも、契約期間分の料金を払う場合がある

例えば3年契約の場合、契約から1年で解約したとしても、3年分の支払いが必要な場合があります。

リースする期間はある程度、目安を設けて利用したほうがいいです。

リースをするメリット

リースが優れている点は何でしょうか?

頭金が0円!初期費用を抑えられる

頭金0円でリースすることができるので、初期費用なしで軽バンを入手することができます。

お金がなくてもリースすることで、アマゾンフレックスで働くことができます。

黒ナンバー取得を代行してくれる

貨物軽自動車運送事業を行うための「黒ナンバー取得」手続きをリース会社が代行しれくれます。

車を購入する場合だと、「運輸支局」と「軽自動車検査協会」に出向き、自分で登録手続きする必要があります。

難しい黒ナンバー取得の手続きを代わりになってくれるので、忙しい方や不慣れな方でも安心です。

納車が早い

基本的に、申し込んでから2週間~1カ月で納車されます。

会社を辞めて今すぐ働きたいという方でも、すぐに参加できるので安心です。

確定申告時の会計処理が楽

アマゾンフレックスは業務委託になるので、必ず確定申告が必要になります。

リースの場合、毎月かかる金額が一定なので会計処理が楽になります。

車の所有者はリース会社なので、固定資産の計上をする必要もありません。

30万円以上の車を購入した場合は、減価償却をする必要があります。

試し乗り・様子見できる

以下の理由で、車を検討している方はリースがオススメです。

  • アマゾンフレックスを長期で続けるか迷っている
  • 購入するか迷っている
  • 車選びに迷っている

車を購入した後に、軽貨物事業を辞めてしまったり、別の車種の方がよかったなんてことは嫌ですよね。

まずは、リースで様子を見ながら後から車を購入するか検討しましょう。

↓↓↓ジャンプします↓↓↓

リース車をオススメする人としない人!

おすすめではない人

  • 自分の車が欲しい
  • 車を一括で購入したい

十分な資金があって、もうすでに購入したい車が決まっている方はリースではなく、車を購入した方が安くすみます。

おすすめな人

  • 資金や時間に余裕がない
  • 車検や書類仕事が面倒な人
  • 車選びに迷っている人
  • アマゾンフレックスを長期で続けるか迷っている人

頭金を用意することができない方や、忙しくて黒ナンバーの手続きが難しい方はリースがおすすめです。

黒ナンバー付きで軽バンを納車することができるので、今すぐアマゾンフレックスで働くことができます。

↓↓↓ジャンプします↓↓↓

アマゾンフレックスに最適!リース会社の選び方

軽バンをリースする際に、どんな会社を選べばいいのか解説していきます。

黒ナンバー取得ができるリース会社を選ぶ

アマゾンフレックスで働くためには、黒ナンバーを取得した軽自動車が必要です。

黒ナンバー取得には「運輸支局」「軽自動車検査協会」で事務手続きをする必要があります。

しかし、

黒ナンバーの手続きは・・・
  • 黒ナンバー取得の事務手続きが面倒・・・
  • 素人に黒ナンバーの手続きは無理・・・
  • 運輸支局に行く暇なんかない・・・

といった問題があるので、黒ナンバーの取得代行と軽バンのリースが同時にできるリース会社がおすすめです。

面倒なことは全部リース会社に丸投げしてしまいましょう!

メンテナンスやサポートが充実している

毎月のリース代金に車検費用や自動車税などが含まれていることも、会社選びのポイントです。

また、自動車保険(任意保険)も一緒に申し込める会社もあるので、自分で探したりや手続きをする手間がなくなります。

走行距離制限がない会社を選ぶ

リースした車には、「走行距離制限」が設定されている場合があり、設定された走行距離を超えてしまうと、1kmにつき○○円といった追加費用がかかってしまうケースがあります。

宅配や軽貨物の仕事は、1カ月に2,000km近く走るので、なるべく走行距離制限がない会社を選びましょう。

ただし、契約終了後に軽バンを買い取りできる会社なら候補に入れてみましょう。

↑ジャンプします

要らなくなった車は売却しよう

新しく軽バンを用意するので、今まで乗っていた車は必要なくなると思います。

新たに駐車場を用意したり、維持費を払うのはもったいないので売却してしまいましょう。

カーネクストは、10万km以上走行した車両や古い車両も高価買取できます。

自動車税の還付金も受け取れるのでお得ですよ!

カンタン20秒で無料査定

【まとめ】軽貨物車をリースしてアマゾンフレックスを始めよう

アマゾンフレックスは、リース車を利用するのがオススメです。

下記のようなメリットがあります。

リースのメリット
  • 頭金がいらない
  • 初期費用を抑えられる
  • 黒ナンバー取得を代行してくれる
  • 納車が早い
  • 確定申告・会計処理が楽

頭金を必要としないので、資金がなくても軽バンを入手することができます。

また、黒ナンバーの取得手続きを代行してくれるリース会社もあるので、忙しい方は一緒にお願いすると手間がはぶけます。

アマゾンフレックスで働きたい方は、リース会社に問い合わせてみてください。

無職やフリーターの方でも審査に通っています

⇒審査に自信がない方はGMSリース

ローンや借り入れのある方でも審査に通った実績があります

アマゾンフレックスについてもっと詳しく知りたい方や実際に働いているドライバーの評判が知りたい方は、下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:⇒アマゾンフレックスの評判は?現役ドライバーの口コミを調査!

黒ナンバーの任意保険は代理店型!

黒ナンバー(事業用)の自動車保険を取り扱っている保険会社は限られています。

ダイレクト型の保険会社では取り扱っていません。

代理店型の保険会社は損保ジャパンです。

損保ジャパン日本興亜
  • 最短 即日加入!
  • 車検証をメールで送るだけ
  • 月払い・年払い対応
車検証を送るだけで最短即日で月額料金がわかります。
コメント一覧
  1. 山口 洋一 yamayou1973@docomo.ne.jp より:

    クレジットカードの審査が通らない状況です。

コメントを残す

CAPTCHA