アマゾンフレックスは、Amazonの業務委託として配達を行うプログラムです。

車両を用意するだけで、誰でも参加できるので夫婦で一緒に始める方も増えています。

夫婦で取り組むことはお互いに良い影響が出ることもありますが、致命傷につながるようなデメリットもありますので、注意点を理解してから始めましょう。

アマゾンフレックスを夫婦で行うデメリット

アマゾンフレックスは、会社から雇用されるわけではないので、安定性にかけるといったデメリットがあります。

ここでは、夫婦同時で働くことのデメリットを見ていきましょう。

共倒れになる可能性もある

お互いにオファーが取れなくて、報酬が得られない可能性もあります。

心配な方は、同時に始めるのではなく、どちらかが先に登録してオファーの傾向を掴んでおいた方がいいでしょう。

ステーションには定員がありますので、全く仕事ができないということはありません。

興味のある方は、募集が締め切られる前に、車両を用意しておきましょう。

夫婦で車両を共有できない

車検証の名義になっている人しかアマゾンフレックスに登録することはできません。

例:夫は、妻名義の車両で、アマゾンフレックスに登録することができない。夫がアマゾンフレックスに登録する場合、車検証の名義を夫にする必要がある。

ですので、夫婦そろって働く場合は、車検証の名義を別々にした車両を2台用意する必要があります。

アマゾンフレックスを夫婦で取り組むメリット

アマゾンフレックスにもデメリットがありますが、注意点を理解しておけば会社員やパート以上に働きやすい環境を手に入れることができます。

夫婦で一緒にできる仕事として、アマゾンフレックスは最適なので、その理由を見ていきましょう。

スキルなしでパートよりも稼げる

アマゾンフレックスは、8時間のオファーで16,000円以上稼ぐことができ、時給換算すると2,000円以上になります。(※)

働く時間も、3時間~4時間といった短時間稼働もできるので、パートよりも融通が利いて、得られる報酬も高いです。

Amazonの配達アプリに従って配達先に向かうだけなので、土地勘や運転技術は必要なく、扱う荷物は女性でも片手で持てる軽さです。

多くの方が未経験で活躍されているので、職歴やスキルは関係ありません。

※東京の場合

実際に得られる報酬や1カ月に稼ぐことのできる報酬の目安は、下の記事で解説しています。

関連:アマゾンフレックスの給料と手取り年収を計算してみた!配達単価についても解説

時間調整しやすい

アマゾンフレックスでは、自分の予定にあった時間帯や日程をアプリから選んで働くことができます。

午後から働いたり、夕方だけ働くなどど、夫婦の予定に合わせることができます。

また、24時間以上前であれば、ペナルティなしでキャンセルすることが可能なので、突発的な用事できても安心です。

夫婦で情報共有できる

アマゾンフレックスで配達するエリアは広いので、特定の地域に詳しくなるには相当な時間がかかります。

夫婦で情報共有することで、効率の良い配達方法や特殊な建物の配達方法、地図に更新されていない住宅街といったイレギュラーにも対応しやすくなります。

職場の目が気にならない

夫婦で働いても同僚に気を遣う場面はありません。

なぜなら、アマゾンフレックスで人と接する機会は、ステーションでの挨拶やお客様とのやり取りだけだからです。

職場の人間関係は、「ほぼない」といってもいいので、夫婦で一緒に働くからといって周りのドライバーに気遣う必要はありません。

残業がないので家族の時間を増やせる

アマゾンフレックスでは、オファーの終了時間を超えて働くことはありません。

あらかじめ何時まで働くのかわかるので、家族との時間を増やせますよ。

同じ仕事をするので、お互いの苦労や事情を理解できるのもメリットのひとつです。

助手席に同乗することができる

アマゾンフレックスでは、助手席に人を乗せて配達することができます。

ですので、夫婦で一緒に配達を行って様子をみてみるのも良い選択です。

7時間以上のオファーでは、荷室だけでは荷物を積みきれない場合があるので、同乗する場合は、5時間未満の短い時間で行うといいでしょう。

アマゾンフレックスは夫婦で取り組むのに最適な仕事

アマゾンフレックスは報酬が高く、パートよりも時間の融通が利くので、夫婦で働くには最適な仕事先です。

一緒に働いても、周りの人に気を遣わなくもいいところも働きやすいポイントです。

業務時間があらかじめわかるので、残業や長時間労働ですれ違いが起こっていた方は、アマゾンフレックスを機に家族との時間を増やせるでしょう。


アマゾンフレックスに興味は持っているけど、実際に継続して仕事ができるのかという疑問を持ってはいないですか?

各ステーションごとに募集ドライバーの定員があるので、飽和状態になることはありません。

Amazonで取り扱う荷物は、年々増えているので、アマゾンフレックスの仕事がなくなる可能性は低いです。

興味がある方は、ステーションの募集が締め切られる前に軽貨物車両をゲットしておきましょう。

黒ナンバーの軽貨物車を探している方へ

アマゾンフレックスに登録するためには、黒ナンバーの軽貨物車両が必要になります。

GMSリースでは、黒ナンバー取得に必要な手続きを全て無料で代行してくれます。

また、初期費用や頭金も0円なので、まとまった資金がない方でも軽貨物車両を手にれ入れることができますよ。

\黒ナンバーの取得代行0円!/

GMSリースの在庫と料金を見てみる

コメントを残す