インターネット検索をしていると、以下のような単語が出てきました。

  • 「軽貨物 やめとけ」
  • 「軽貨物 やってはいけない」
  • 「軽貨物 業務委託 実態」
  • 「軽貨物 割に合わない」
  • 「軽貨物 独立 失敗」
軽貨物 やってはいけない
軽貨物 やめとけ

軽貨物業界や宅配業務は長時間労働やきつい仕事というイメージがあるのは事実です。

しかし、労働時間や報酬は昔と比べ、大きく改善されています。

なぜなら、ネット通販の需要の高さに対してドライバーの数が足りていません。

どの委託会社もドライバーを集めるために良い条件を提示しているので、長時間労働で低い収入はほとんどないです。

この記事では、軽貨物ドライバーはやってはいけないと言われる理由についてと、独立に失敗してしまう人の特徴について解説しています。

これから軽貨物を始めてみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

軽貨物ドライバーを「やってはいけない」といわれている理由

軽貨物ドライバーをやめとけと言われる理由は、仕事がきつかったり、拘束時間が長かったり、給料や報酬面についての問題がありました。

本当に辞めた方がいいのか、考えながら見てみてください。

体力仕事だからきつい

宅配業務では、1日130個前後の荷物を100件以上配達します。

ときには、エレベーターのない団地を5階まで上がったり、車から降りて走りまったりすることもあります。

荷物自体は重いものは少ないですが、体力に自信がない方は向いてない可能性があります。

拘束時間が長い

会社員として宅配・軽貨物の仕事をされている方は、拘束時間が長い傾向があります。

1日8時間前後の拘束時間で働きたいのであれば、業務委託として活動しましょう。

会社に出社・帰社して、事務作業や書類整理をすることがないので、配送業務だけに集中できます。

軽貨物車(軽バン)を用意する必要がある

個人事業主として軽貨物業を開業するのであれば、軽貨物車が必要になります。

車両代として30万円~100万円前後かかってしまうので、資金がない方には少し厳しいですよね。

資金が無いけど軽バンが欲しいという方は、車両のリースを選ぶといいでしょう。

頭金は必要なく、月々3万円代のリース料金で軽バンを入手することができます。

今すぐ軽バンを用意する必要があれば、『GMSリース』が審査に通りやすくて確実性が高いです。

ロイヤリティや売り上げ手数料が割高

個人事業主として登録した仕事紹介会社のロイヤリティや売り上げ手数料が高すぎて、売り上げを圧迫されるケースが多々あります。

毎月5万円前後のロイヤリティや売り上げの30%以上を手数料を取られるとなると、手元に残る利益は少ないでしょう。

どこかに所属する場合は、手数料をよく確認しておきましょう。

仕事が取れない

いざ軽貨物で開業をしたはいいものも、案件を獲得することができずに赤字になってしまうこともあります。

報酬が低すぎたり、高額な加盟金を支払って利益が残らないということもあるでしょう。

継続して荷主を探すことが難しければ、『アマゾンフレックス』や『出前館』『ピックゴー』のサービスに登録することで仕事に困ることはなくなります。

特に出前館は、車で配達することができて、スキマ時間でも稼ぐことができるので、軽貨物との相性が抜群です。

猛暑や寒波、雨天時にも強く、自転車で取り組む場合も任意保険の加入が必須なことから、配達員が少なくて稼ぎやすいです。

特に1件の配達で最大1,640円の報酬がもらえることから、専業で月160万円以上稼いでいる方もいます。

■関連記事:出前館業務委託の仕組みと給料について解説

軽貨物で働くメリット

軽貨物・宅配のお仕事はもちろんきついこともありますが、メリットだってあります。

軽貨物・宅配の仕事に興味を持っている方は参考にしてみてください。

軽貨物未経験でも仕事ができる

軽貨物業は、スキルや経験が一切なくても仕事を始めることができます。

いきなり荷主を見つける営業活動をするのは難しいかもしれませんが、アマゾンフレックスといった未経験でも募集している仕事が増えているため、宅配経験がなくても仕事をすることができます。

年齢や性別に関わらず仕事ができる

軽貨物業は女性であっても、何歳になっても働き続けることができます。

そして、ソファーや洗濯機といった大型家具を運ぶことはありません。

ほとんどの荷物が片手で持つことができるので、女性やシニアドライバーで働くことができます。

自由な働き方ができる

巣ごもり需要や通販市場が拡大しているため、軽貨物・宅配業界はますます右肩上がりの成長を続けるでしょう。

宅配業界の需要の多さから、会社に雇われずに個人ドライバーとして自由に働くことができるようになりました。

また、同僚や上司といった関係がないため、人間関係で悩まされることもありません。

目標を持って働きたい方や自分のペースで働きたい方にこそおすすめです。

アマゾンフレックスをはじめ、イージクルー(ヤマトの業務委託)やピックゴー、ハコベルカーゴといった軽貨物マッチングサービスも増えています。

独立失敗をしてしまう人の特徴

仕事がない状態で軽貨物を始める

軽貨物を始める人の中には、荷主が見つかっていない状態のまま始める人もいます。

車両の維持費や駐車場代といった固定費がかかっているので、確実に報酬が得られる仕事先を見つけておきましょう。

ブラックな委託先を選んでしまう

現在では宅配業界の需要が増しているため、軽貨物ドライバーを集めるために労働環境や報酬を見直している業者が増えてきました。

それでも以下のような委託会社はいまだに存在してます。

  • 体調不良で休んだら罰金
  • 半年以内に契約解除したら罰金
  • 誤配送をしたら罰金
  • 朝5時から23時まで働く
  • 報酬が支払われないまま委託会社が潰れる

個人事業主は労働基準法に守られないので、登録する委託会社がブラックではないかあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

確実に仕事を得たいならアマゾンフレックス

徐々にエリアを拡大している「アマゾンフレックス」はアプリから日程と時間を選べて、拘束時間も短いので、多くの未経験者が参加されています。

もしも、軽貨物・宅配に興味を持っているならば「アマゾンフレックス」から始めてみてはいかがですか。

登録は無料で、いつでも入ったり辞めたりすることもできます。

■関連記事アマゾンフレックスの口コミ詳細記事を見る

■関連記事:アマゾンフレックスのステーション場所一覧まとめ!配達するエリアはどこ?

黒ナンバーの軽貨物車を入手するならGMSリースがおすすめ

軽貨物 やめとけ きつい

黒ナンバーの軽貨物車を探しているならば、GMSリースで軽バンをリースすることができますよ。

GMSリースでは、無料で黒ナンバーの取得代行手続きを行ってくれます。

ですので、事業を始めるためにあたって必要な『貨物軽自動車運送事業届出書』の作成や運輸支局での手続きといった煩わしい作業は一切必要ありません。

時間がない方や面倒な手続きをしたくない方におすすめです。

また、軽バンはスズキエブリイや日産クリッパーなどの車種を選ぶことができ、新車では3万円代、中古車は2万円代からリースすることができます。

初期費用・頭金0円で軽バンをリースすることができるので、軽バンを探している方は『GMSリース』に問い合わせてみたらいかがですか。

黒ナンバーの取得を0円で代行してくれます

銀行審査がないのでローンが通らない方でも申し込めます

GMSリースについて最も詳しく知りたい方は、下の記事を参考にしてみてください。

■関連記事:GMSリースの評判!審査に通った個人事業主ドライバーの口コミ

■関連記事:黒ナンバーの軽貨物車をリースをするメリットは?おすすめのリース会社も紹介!

コメントを残す