軽貨物では生活できないは嘘

軽貨物ドライバーとして生活することは、いくつかの理由で困難とされていますが、その1つが収入です。

軽貨物ドライバーの場合、働く地域によっては少し違いますが、1か月の収入は300,000円から400,000円と言われています。

単価が低い仕事を引き受けると、軽貨物ドライバーとして生活を続けることが難しくなるかもしれません。軽貨物ドライバーとして生活できるようにするためには、単価の高い仕事を引き受けることも重要ですが、さらに重要なのは、取引先となる元請会社の選択です。

また、ある程度の収入が得られたとしても、ガソリン代や税金などの必要な経費を差し引くと、手元に残るお金はその分減りますので、経費削減も必要です。

要するに、軽貨物ドライバーはサラリーマンではなく、事業主であるため、取引先の選択や経費削減など、経営者としての自覚と視点を持って、臨むことがもっとも重要な要素です。

軽貨物 向いている人

自分に厳しくメリハリを持たせることが望ましいです。一人でコツコツと仕事をこなすことができる人は、適性があると言えます。この仕事には、体力を必要とする様々な業務がありますので、自分に合わせて選択することができるという余地があります。しかし、この仕事では体が資本であり、体力勝負があるという事実もあります。

軽貨物 向いて ない人

軽貨物ドライバーだけでなく、運送業に向いている人もいますが、向いていない人もいます。どのような方が運送業に向いていないのかをご紹介します。運送業に向いていないとされる人には、以下のような特徴があることが多いです。

・体力がない人 ・時間を守ることが苦手な人 ・車の運転が得意ではない人 ・責任感がない人 ・仕事の工夫をするのが苦手な人

上記のような人は、運送業に向いていないとされることがあります。

軽貨物 給料明細

20万円~60万円

軽貨物 1日100個

宅配の荷物量は1日100個~200個

軽貨物騙された

なかには悪質な運送会社もいます。

低すぎる配達報酬や割高すぎるカーリース契約などですね。

詳しくは、下記の記事でも語っています。

■関連記事:業務委託ドライバーのやばい事例【軽貨物はきつい?】

軽貨物ドライバー 本音と後悔と実際のところ

■関連記事:軽貨物をやってはいけない理由ワースト7|やめとけと言われる理由とは

■関連記事:軽貨物の独立に失敗してしまう7大要因と具体的なアクションプラン5つ

コメントを残す

CAPTCHA