軽貨物ドライバーの手取り額の平均から最低・最高値をご紹介します。

また、軽貨物ドライバーで働くメリットやデメリット、軽貨物車の運転に必要なスキルや知識、ガソリン代などの経費などもお伝えします。

ぜひ最後までご参照ください。

軽貨物ドライバーの”手取り”とは「売上-経費」

個人事業主ですので、本来”手取り”といった言葉は誤りです。

しかし、軽貨物ドライバーの売上と経費、差し引いた金額は気になります。

この記事では”経費”を便宜上「売上ー経費」として解説していきます。

軽貨物ドライバーの手取りの相場

フリーランス軽貨物ドライバーの手取り相場は約30~50万円です。大手運送会社と契約することで稼ぎやすく、フリーランスでは稼ぎが低くなる傾向にあります。単発の案件を複数こなす場合、荷物の報酬や配達指定時間、エリアや働く日数によって手取りが変わります。

経験を積むことで、より多くの荷物を運べるようになり、高い年収を実現することができます。新しく仕事を始めた人や初心者は、仕事や配達ルートを覚えることに苦戦することがありますが、経験を積むことでそれを乗り越えることができます。

軽貨物ドライバー個人事業主の平均年収

フリーランス軽貨物ドライバーの平均年収は400万円です。

しかし、働く時間や日数はさまざまです。

荷物の報酬や配達指定時間、配達エリアや働く日数、仕事や配達ルートを覚えて効率よく配達できるようになることなど、さまざまな要因が手取りに影響します。

また、大手運送会社と契約する場合とフリーランスで働く場合でも、手取りの相場が異なります。具体的な働く時間や日数を計算するには、自分が考える仕事スタイルや、荷物の報酬や配達指定時間、配達エリア、働く日数などを考慮しながら試算する必要があります。

ぶっちゃけ軽貨物は儲かるのか?

軽貨物ドライバーにとって、「月収100万円」は理想的な給料目標です。そのような求人はありますが、それを達成するためには、1日あたり40,000円以上の委託料を稼ぐ必要があります。

配送単価が200円の場合、1日で最低200個以上の荷物を配送する必要があります。慣れている人でも1日150個の配送が一般的であることから、200個以上の配送はかなり厳しいと言えます。

■関連記事:軽貨物ドライバーで月収100万円稼げるか案件別に解説

軽貨物ドライバーの経費

ガソリン代は20,000円から50,000円、任意保険代は10,000円から15,000円、オイル交換代は4,000円から5,000円、スマホ通信料は2,000円から10,000円、車のローン代は25,000円、駐車場代は5,000~20,000円です。

合計は50,000円から100,000円です。

ガソリン代が一番かかる

宅配の案件を主にやるドライバーは1日の走行距離が40km~50km程度であるため、1ヶ月20,000円程度のガソリン代で済みますが、チャーター便を主にやるドライバーは1日の走行距離が20km~300kmであり、1ヶ月のガソリン代は60,000円程度かかることもあります。

ガソリン代を削減するために、ガソリンカードを持つようにするや、燃費の良い軽貨物自動車に乗り換えるや、できるだけ近い職場を探すよう心がけましょう。また、エコ運転やエアコンの使用を控えるよう努力するドライバーもいます。

さらに、車両の維持費を抑えるために、車両の保守を徹底するや、車両の保険を比較して格安なものを選ぶや、車両のローンを抑えるや、駐車場代を削減するよう工夫することで、経費を抑えることができます。軽貨物ドライバーとしては、どのような案件を選んでも、経費を抑えることが重要です。

任意保険もかかる

任意保険料も大きな経費として考慮すべきです。任意保険料は保険会社や等級によって異なりますが、例えば損保ジャパンの6等級であれば、年間144,000円(月間12,000円)が必要になります。任意保険にすでに加入している人であれば、等級を引継ぎすることで料金を低く抑えることもできます。一方、自賠責保険料はほぼ変わりなく、12カ月分で13,000円程度が必要です。

■関連記事:格安の黒ナンバー任意保険は?個人向けおすすめランキング6社

他には、下記もあります。

  • ガソリン代
  • 有料道路代
  • 駐車場代
  • 車両代
  • 自動車保険料
  • 修理費用
  • タイヤ交換
  • オイル交換
  • カー用品代
  • 自宅兼事務所の家賃
  • 自宅兼事務所の電気代など
  • スマホ通信料
  • 事務用品費
  • 運送業界関係者との食事会

【税金や健康保険】所得税・住民税・健康保険・国民年金

所得税・住民税・国民健康保険料は、所得で決まります。

所得とは「売上ー経費」です。

売上が少ない、もしくは経費を使うほど税金が下がることを覚えておきましょう。

なお、年金については厚生年金がなくなるので、支払い額は減りますが、将来の受給額も減額します。

管理人
下記サイトに売上と経費を入力すれば、
簡易的に計算できますよ。

個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション

軽貨物ドライバーの手取りを増やすには?

軽貨物ドライバーにとっては、できる限り有利な条件で運送会社と契約を結ぶことが重要です。

軽貨物ドライバーとして満足な手取り額を受け取るには、高い委託料で仕事を受けること、または手数料を低く抑えることが重要です。

手取り20万円稼ぐには

宅配業務では、週に6日、1日に12〜14時間程度の拘束があります。ただし、繁忙期ではない場合は、14時間以上働かなくてもよいことがあります。休憩時間は1〜2時間以上取ることができる場合があります。今では、40万円以上の売上げも珍しくありません。ですので、効率的にこなす必要があります。

定期便では、1日に10時間程度で、約16,000円の給料を得ることができます。案件によって異なりますが、週5〜6日の勤務が多いです。

スポットでは、会社ややり方によって売上げが20万円以上になることもあります。しかし、悪い場合は0になってしまうこともあります。宅配よりも難しいと思われます。

手取り30万円稼ぐには

軽貨物ドライバーが月収30万円を稼ぐためには、一日に2万円以上の売上額を確保することが必要です。1日に100~150件の配送を目指すことで、週に2日休んだ場合でも1ヶ月22日間で44万円の売上額を確保できます。ロイヤリティや仲介手数料が15~20%程度である場合、最大でも20%の支払いで手元に35万2千円を残すことができます。その上に経費や保険料が5万円程度かかるとすると、最終的な手取り額は30万円前後になると考えられます。

軽貨物には「やめとけ」といった声もあるけど

軽貨物で検索すると、下記のような悪い口コミも出来てきます。

  • 軽貨物 生活 できない
  • 軽貨物 やってはいけない
  • 軽貨物 やめ とけ 軽貨物ドライバー 本音
  • 軽貨物 給料明細
  • 軽貨物 業務委託 辞めたい
  • 軽貨物 業務委託 実態

このような不安がある方は、下記の記事もご参照ください。

■関連記事:軽貨物をやってはいけない理由ワースト7|やめとけと言われる理由とは

【まとめ】軽貨物ドライバーの手取りは20万円~50万円が相場

軽貨物ドライバーとして働くことで、月収40万円~50万円の稼ぎが見込めます。ただし、軽貨物業者から受け取る報酬である売上から手数料が差し引かれるため、実際に手元に残る金額は20万円~30万円の範囲になることがあることに注意してください。

軽貨物の仕事をする上では、より多くの荷物を配送して売上を上げることが重要ですが、それに伴い経費も増えるため、実際に手残りで得られる金額にも差が出ることがあります。

■関連記事:格安の黒ナンバー任意保険は?個人向けおすすめ比較ランキング6社

軽貨物マッチングアプリ特徴リンク


アマゾンフレックス
■高時給
日給制。時給換算2,000円~3,000円程度。配達アプリのルートに従って運転するので未経験でも簡単。置き配・ポスト投函が9割なので配達が楽。
公式

詳細
出前館,配達員,業務委託

出前館
■いま最も稼げるフードデリバリー
1件配達550円。最大2,310円の報酬
月間100万を達成した配達員もいる。アマフレの予行練習になる。
公式

詳細

Uber Eats
■注文件数No.1
1件配達550円前後。利用者数が多いので注文が途切れにくい。配達アプリのUIが直感的でわかりやすい。アマフレの予行練習になる。

公式

詳細

Pick Go
■スポット・チャーターの案件多数
荷主とドライバーを結ぶマッチングプラットフォーム
。軽貨物業界No.1のシェア。日給制のフードデリバリーもアリ。
公式

詳細

コメントを残す

CAPTCHA