未経験であったり、特別なスキルがなくても多く稼げることができる軽貨物業界に興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

特にSNSやYouTube、はたまた噂で「月収100万円稼げた!」「年収1000万超えた!」なんて声を聞いたことがある方もいるかもしれません。

この記事では月収100万円の真相と稼ぎ方について解説していきたいと思います。

軽貨物ドライバーで月収100万円は難しい

軽貨物ドライバーといっても案件ごとに報酬が違います。

しかし、どの案件であっても月収100万以上稼ぐことは難しいでしょう。

軽貨物業界に存在する案件には、以下があります。

稼げる案件
  • 宅配
  • ルート配送
  • スポット便

それぞれの案件がどの程度稼ぐことができるのか見ていきましょう。

宅配の場合

宅配とは、個人宅向けに1日に80個~200個の荷物を配達する仕事です。

ほとんどの委託会社が個数単価制を採用し、1個の配達ごとに150円~200円の報酬を得ることができます。

一般的な委託会社では、個数単価が170円で荷物量が130個程度です。

1カ月間に23日働いても508,300円しか稼ぐことができません。

単価170円×130個配達×23日=月収508,300円

しかし、荷物を多く渡してくれる委託会社、稼げるエリア、高い配達単価、稼働日数が組み合わされば、以下のように売り上げベースでは100万円を超える可能性はあります。

単価200円×200個配達×30日間=月収1,200,000円

しかし、毎日200個の荷物がある保障はないですし、休まずに働き続けるのは現実的ではありません。

月100万円を超えるのは繁忙期くらいになります。

ルート配送の場合

ルート配送とは、会社、病院、薬局、小売店など固定された複数の配送先に荷物を届ける仕事です。

毎日決まった場所に配送するので、道順を調べたり、土地勘に熟知する必要はありません。

しかし、1日の売り上げは15,000円前後と単価が低く、1日の配送先を増やすことも難しいので、ルート配送で月収100万円は不可能です。

ルート配送は、毎日安定した収入を得たい方や8時間程度の労働時間で働きたい方に向いています。

スポット便の場合

スポット便とは、A地点からB地点に荷物を配送する仕事です。

緊急性の高い依頼や長距離配送が多いため、1回の配送で数万円稼ぐこともできます。

フランチャイズの軽貨物ドライバー募集要項で見かけるような事例を、毎日こなすことができたら月100万円を稼ぐことができます。

スポット便の例
  • 足立区→船橋市 5,720円
  • 成田市→川崎市 15,020円
  • 大田区→品川区 3,900円
  • 千代田区→前橋市 18,200円

合計42,840円

42,840円×24日間=月収1,028,160円

ですが、実際には依頼が入ることはほとんどありません。

スポット便は、単価が高く、身体への負担が少ない仕事なので、軽貨物ドライバーの中でも人気な案件です。

競争率が高いため、案件が入ってもすぐになくなってしまいます。

スポット便のみで生計を立てるのは非常に危険なので、スキマ時間で取り組むか、経験を積んでから挑戦してみましょう。

軽貨物ドライバーで大きく稼ぎたいのであれば宅配に取り組もう

月収100万とまではいきませんが、宅配では50万円以上を安定的に稼ぐことができます。

  • 170円×130個配達×24日間=530,400円
  • 170円×200個配達×24日間=816,000円

続けていくことで土地勘がついたり、配達効率も上がっていくので月70万円以上稼ぐことも珍しくありません。

軽貨物未経験で大きく稼ぎたいのであれば、業務委託の宅配に取り組んでみましょう。

案件を獲得する方法は3通り

案件を獲得する方法
  • 委託会社と契約をする
  • フランチャイズに加盟する
  • マッチングサービスを利用する

宅配便の委託会社と契約する

軽貨物業界では、宅配業務の需要が最も多く、委託会社も無数に存在します。

ドライバーの数も足りていないので、仕事が途切れる心配もないでしょう。

個数単価制の報酬形態をとっており、荷物を運んだ分だけ報酬を得ることができます。

働いていくうちに土地勘がついたり、配達効率も上がっていくため、数ある案件の中で最も稼ぎやすいと言えるでしょう。

フランチャイズに加盟する

フランチャイズに加盟することで、本部から取引先を紹介してもらうことができます。

案件の種類は、宅配便だけではなく、スポット案件から引っ越し、ルート配送まで多岐にわたり、日程によって自由に組み合わせて働くことができます。

営業活動においても、フランチャイズの知名度を利用することができるので、個人で行うよりも楽です。

加盟金が必要になる場合が多いですが、軽貨物の開業方法から確定申告に必要な事務処理までサポートしてくれるので、未経験者でも安心して配送業務に取り組むことができます。

軽貨物マッチングサービスを利用する

全国にいる荷主の依頼をスマホで確認・受注することができるマッチングサービスがあります。

案件の種類は、スポット案件、チャーター案件、食品配送、引っ越しまで多岐にわたります。

好きなタイミングで仕事をすることができるため、スキマ時間で働きたい方や働く日程を縛られたくない方に向いています。

ただし、ドライバーの競争率が高く、毎日案件を受注できる保証がないためマッチングサービスのみで生計を立てるのは難しいです。

軽貨物ドライバーが稼げる理由

月収100万円稼ぐことは難しいですが、安定して30万円~40万円稼ぐことなら誰でも目指せます。

軽貨物ドライバーの需要は拡大中

通販市場の拡大により、宅配需要も増加し続けています。

大手運送会社のヤマト運輸や佐川急便もAmazonの荷物を捌ききれない状態にあり、今後もその傾向は続いていくでしょう。

軽バン1台で始められるので参入障壁は低いですが、慢性的なドライバー不足が続いているので、仕事に困ることはありません。

また、人手不足を解消するために、報酬や拘束時間を見直している委託会社も多いです。

自分と家族との時間を確保しつつ、会社員以上の手取りを稼いでいる人も多くいます。

業界未経験でも稼げる

軽貨物ドライバーは、特別なスキルや学歴がなくても、今すぐ働くことができます。

必要なものは、普通運転免許と黒ナンバーの軽貨物車だけです。

また会社員ではないので、働く時間を自分で決めることができます。

アルバイトや派遣社員、ブラック企業で働いていて、収入に満足がいかない方は、働いた分だけ稼ぐことができる軽貨物業界に挑戦してみてはいかがですか。

女性や主婦にも向いている

軽貨物ドライバーが扱うほとんどの荷物が、片手で持てるほどの重さです。

また、委託会社によっては働く日程や時間帯を自由にコントロールできるため、シフト制のパートよりも働きやすいです。

経費で購入した軽貨物車を活用し、子供を幼稚園や塾に送り迎えできるため、主婦にも好評な職業です。

軽貨物ドライバーで月100万円近くコツ

軽貨物ドライバーで月100万円は難しいですが、月40万円以上なら誰でも稼げます。

ここでは稼ぐための方法を解説していきます。

荷物単価160円以上の個数単価制の委託会社を探す

大きく稼ぎたい方は、個数単価制の委託会社を探しましょう。

配達スピードが上がれば、時給制よりも大きく稼ぐことができます。

また、配達単価が高いほど稼げるので、最低でも160円以上の委託会社で働きましょう。

ロイヤリティ、手数料が少ない会社を選ぶ

一昔前では、高額な加盟金や毎月のロイヤリティを払わなければ仕事を受けることができず、個人事業主として軽貨物ドライバーを続けることは難しかったです。

しかし、物流の需要が高まっている現在では、軽貨物ドライバーを集めるために、加盟金、ロイヤリティを下げている会社も増えてきました。

企業と直接契約することで中抜きされない報酬を得ることもできます。

委託会社に所属する前やフランチャイズに加盟する前には、必ず複数の会社と比較して加盟金やロイヤリティの有無を調べましょう。

スキマ時間でマッチングサービスに取り組む

マッチングサービスのみで生計を立てるのは危険です。

しかし、スキマ時間や普段の業務が終わった後なら安定した収入を得つつ、報酬の底上げを狙うことができます。

フードデリバリーを活用する

フードデリバリーの出前館やUber Eatsは軽貨物車でも配達することができます。

特に出前館の報酬は、1件の配達に付き1,600円とかなりの高報酬です。

平均時給が3,000円~5,000円を超えているので、上手く活用すれば出前館のみで月100万円も目指せます。

スキマ時間で稼いだり、定期案件が終了したときにも食つなぐこともできるので、登録しておくと安心です。

\1件の配達で最大1,640円/

自転車とバイクも任意保険の加入が必須なので、配達員が少なく稼ぎやすいです

月収100万は難しいが、軽貨物は稼げる仕事

フリーランスの軽貨物ドライバーは、未経験でも月収50万円以上目指せる仕事です。

宅配業界の需要は年々増えており、未経験者でも稼ぐことができます。

また、フランチャイズや委託会社だけではなく、ピックゴーやアマゾンフレックスといったギグエコノミーも生まれたので、仕事がなくなることを恐れる必要はありません。

軽バンを手に入れて高収入の軽貨物ドライバーを目指そう

業務委託の個人事業主ドライバーになるためには、「黒ナンバーの軽貨物車両(軽バン)」を自分で用意する必要があります。

その際には、運輸支局で軽貨物運送業の手続きをする必要がありますが、初心者には難しい手続きです。

フランチャイズに加盟することで黒ナンバー取得をサポートしてくれるところもありますが、高額な加盟金や毎月のロイヤリティを負担したくない方にはおすすめできません。

そこで、軽貨物未経験者でも安心なのが軽バンリース会社のGMSリースです。

GMSリースでは、行政書士に依頼すると40,000円前後かかる「黒ナンバーの取得代行」無料で行ってくれます。

契約時には銀行審査がないので、フリーターや専業主婦、年齢といった理由で審査が不安な方でも申し込むことができますよ。

また、頭金や初期費用が要らないので、大きな資金がなくても軽バンを手に入れることができます。

個人事業主には、毎年2月に確定申告の手続きがありますが、リースなら車両購入時に必要な減価償却の計算をする必要がありません。

慌ただしい生活や仕事を覚えることで精一杯だと思います。

リースなら全額経費にできるため会計処理も楽です。面倒な手続きはすべてGMSリースに任せて軽貨物業界で稼ぐことに集中していきましょう!

GMSリースの5つの特徴
  • 黒ナンバーの取得代行費用が無料
  • 頭金・初期費用0円
  • 銀行審査なし
  • 中古車・新車あり
  • 自宅まで車両をお届け

\黒ナンバー取得手続き無料!/

フリーターや借り入れのある方でも軽バンを手に入れています

コメントを残す