アマゾンフレックスに登録するためには、「開業届」を提出する必要があるのかお困りになっている方がいるのではないでしょうか。

結論からいうと、開業届を提出していなくても登録はできます!

また、アマゾンフレックスに使用するための軽貨物車両は、黒ナンバーの手続きが必要ですが、開業届や黒ナンバーの手続きなど何から手をつけたらいいのか迷っている方もいると思います。

この記事では、アマゾンフレックスに登録するための手続きの手順や正しい流れも一緒に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アマゾンフレックスの登録と黒ナンバーの取得に「開業届」は必要ない

開業届を提出するタイミングは、アマゾンフレックスに登録した後と、黒ナンバーの取得をした後で大丈夫です。

開業届を提出しないと、「アマゾンフレックスに登録できない」「黒ナンバーの取得ができない」なんてことはありません。

提出するタイミングとしては、「事業を開始した日」から1カ月以内※なので、遅くとも初めて配達を行った日から1カ月以内に提出すればOKです。

※『所得税法第229条』

もっと早く提出できるのであれば、アマゾンフレックスに登録する前でもかまいません。

開業届を出し忘れた場合

開業届の提出期限は、『所得税法第229条』によって「事業を開始した日から1カ月以内」と決められています。

しかし、提出し忘れたとしても罰則はありませんので、安心してください。

ただ、開業届を提出していないと、税制上で有利になる「青色申告」ができなくなるので注意しましょう。

青色申告とは、事業開始から2カ月以内に提出する書類で、「最大65万円」の青色申告特別控除を受けることができます。

65万円の控除によって、支払う税金が10万円前後変わってくるので、できれば提出しておきたい書類です。

アマゾンフレックスに登録するための手続きの順番

アマゾンフレックスに登録するためには、黒ナンバーの軽貨物自動車を持っていなければいけません。

ですので、最優先でやることは、黒ナンバーの軽貨物自動車を手に入れることです。

その後、アマゾンフレックスの登録を行い、開業届を提出すれば完了です。

なお、開業届を提出するタイミングについては、早すぎても悪いことはありません。

事業を開始した日から1カ月以内に提出することだけは忘れずに行いましょう。

黒ナンバーの取得方法について

黒ナンバーの取得方法は、運送事業の書類を運輸支局と軽自動車検査協会に提出するやり方と「黒ナンバー付きの軽貨物自動車を入手」してしまう方法があります。

詳しくは、下の記事で解説していますので参考にしてみてください。

【関連記事】:アマゾンフレックスで使うための黒ナンバーの軽貨物車の入手方法を解説!

アマゾンフレックスの登録方法について

黒ナンバーの軽貨物自動車を手に入れることが出来た方は、アマゾンフレックスに登録していきましょう。

アマゾンフレックスの登録は、3つのステップだけです。

登録ステップ
  • アプリをダウンロード
  • アプリから必要書類をアップロード
  • バックグラウンドチェック

詳しい登録方法は、下の記事でも解説しています。

【関連記事】:アマゾンフレックスの登録方法とやり方を解説!必要書類も合わせて紹介

開業届の提出

開業届の提出方法は、1)WEBで提出、2)税務署に直接提出、3)郵送で提出があります。

開業届の入手方法と書き方については、質問に答えるだけで書類が作成できてしまう『freee開業』を使いましょう。

まったくの初心者でも5分あれば作れてしまします。

『freee開業 』 で作成した書類は、そのままWEBで提出するか、印刷して税務署に持っていくか選べます。

憧れの個人事業主は、拍子抜けするほどの速さでなれますよ。

初心者でも5分で作成可能

今すぐ『freee開業』で作成する

5分で個人事業主に近づけます

アマゾンフレックスの開業届についてのまとめ

アマゾンフレックスの登録自体には、開業届は必要ありません。

開業届の提出は、事業を開始した日から1カ月以内なので、配達を行ってから提出しても十分間に合います。

アマゾンフレックスに登録するためのステップは、以下の3つです。

アマゾンフレックス参加までの流れ
  1. 黒ナンバーの軽貨物自動車を手に入れる
  2. アマゾンフレックスに登録する
  3. 開業届を提出する

アマゾンフレックスに登録するために、まずは軽貨物車両を手に入れましょう!

「黒ナンバーの取得手続きについて」や「黒ナンバー付きの軽貨物自動車を手に入れる方法」については、下の記事

【関連記事】:アマゾンフレックスで使うための黒ナンバーの軽貨物車の入手方法を解説!に記載しています。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す