記事内に広告が含む場合があります

記事内に広告が含む場合がありますが、コンテンツの内容やランキングには一切影響ありません。企業から依頼された広告を掲載する際には「PR」を表記しています。

消費者庁が問題にしている「誇大広告やステルスマーケティング」にならないよう十分配慮してコンテンツ制作を行って参ります。

ゆうぱっくの宅配ドライバーは、仕事がきついと噂されていますが実際のところどうなのでしょうか?

この記事の結論!待遇の良い会社は腐るほどある

いま軽貨物をやっていて、報酬や労働時間、待遇に違和感や不満がある方は、早いうちに辞めましょう。

あなたが知らないだけで、世の中には下記のような案件がたくさん溢れています。

  • 日給8,000円~30,000円のルート配送
  • 日給24,000円の企業間配送
  • 1日5時間で12,000円の企業間配送
  • 時給1,600円以上のフードデリバリー(時給制)
  • 日給40,000円越えの宅配ドライバー

運送業に特化した日本最大級のドライバー系求人サイト『ドラEVERには、上記のような案件や求人が無数にあります。

各会社ごとの業務内容や報酬、労働時間が簡単に比較できます。また、企業によっては下記の特典もあります。

  • ガソリン代支給
  • お祝い金最大10万円支給
  • 1日5時間稼働で手取り30万円も可能
  • 25日稼働で手取り70万円以上も可能

デ○プロやAm○zon配送などで疲弊している方は、『ドラEVER』に登録して、もっと良い企業があることを知ってください。

ゆうぱっくの業務委託はきついと言われる10個の理由

ゆうぱっくの業務委託はきつい?

①不在が多い


時間指定の荷物を配達に行っても留守の場合があり、不在票を書いて再配達をしなければいけません。もちろんその分のガソリン代がかかります。

②荷物に貼ってある伝票の種類が多すぎる


他の運送会社さんに比べて、伝票の種類は多いです。10パターン以上あります。またAM(午前)指定の文字が小さく書かれているので見づらく、見落としがちです。

③繁忙期がかなりきつい


とにかく荷物の量が半端ないです。お中元や、お歳暮の時期になると荷量が増えます。お客様がお留守だと二度手間になりますし、配達をこなしきれず、持ち戻りなんてことになってしまします。
(置き配NGの場合)配達時間が夜の22時以降の場合もあります。重い荷物もあったりと、肉体的にも、精神的にもくたくたになりモチベーションが下がる事だってあります。

④労働時間が長い


早い人は朝の7時~荷積をします。配達終了が21時でセンター戻りそれから事務処理をして帰宅するのは21時30と言ったところでしょうか。
労働時間が長い割には、毎月の収入が少なく感じるかも知れません。

⑤朝の配達前の仕分け


ゆうぱっくの場合自己の車に荷物を積み込む前に全員で荷物の仕分けをする場合があります。出発前なので時間に追われますし、仕分けのスピードも必要です。
運転前に体力を使ってしまう事になります

⑥時間に追われる


午前中配達、12時~14時と午後は2時間枠で時間指定の配達になります
途中でお客様から再配達の電話がかかってきたら、その時間帯にルートを入れ込まなくてはいけません。どういうルートをくんでいくのが一番早く配達できるかはドライバーさんのテクニックになってきます。(地図アプリが無い場合)

⑦再配達がきつい


配達中にも、再配達の電話がお客様から直接かかってきます。
通常ルートの中に再配達のルートをくんで配達をしなければいけません。
ルートを組み直したり、追加しなければなりません。
慣れているベテランドライバーさんは、家もルートも覚えているので簡単にこなすことができると思いますが、再配達ごとにいちいち場所をナビしていくのは非効率です。
慣れた頃にエリアも変わったりするものでイライラもしばしばあります。
今は、ナビも充実してますし、ゼンリンの宅配アプリGODOOA(有料)等を活用するとアプリが現在地から近い順にルートを設定してくれるので効率アップが目指せると思います。

⑧ETCカード、ガソリンカードが持てない


宅配で高速道路は乗らないにせよ、ETCカードは非常に便利です。しかし、残念な事に個人事業主はETCカード、ガソリンカードが持てない場合がほとんどだと思います。

⑨荷物が重い


特に重いのが、お米(30キロ)、ウオーター、水です。新米が出はじめるとお米の量が多くなりますエレベーター無しの団地の5階まで運ぶのはざらにあります。1つだけなら良いのですが、5個以上あると体力が奪われます。

⑩初月のお給料が月末締めの翌々月末払い


今でこそ、ぽちっと携帯で申請して即払いや日払い(規定あり)が出来るようになって来てはいますが、まだまだ翌々月末払いの契約が多いのが現状です。

この記事の結論!待遇の良い会社は腐るほどある

いま軽貨物をやっていて、報酬や労働時間、待遇に違和感や不満がある方は、早いうちに辞めましょう。

あなたが知らないだけで、世の中には下記のような案件がたくさん溢れています。

  • 日給8,000円~30,000円のルート配送
  • 日給24,000円の企業間配送
  • 1日5時間で12,000円の企業間配送
  • 時給1,600円以上のフードデリバリー(時給制)
  • 日給40,000円越えの宅配ドライバー

運送業に特化した日本最大級のドライバー系求人サイト『ドラEVERには、上記のような案件や求人が無数にあります。

各会社ごとの業務内容や報酬、労働時間が簡単に比較できます。また、企業によっては下記の特典もあります。

  • ガソリン代支給
  • お祝い金最大10万円支給
  • 1日5時間稼働で手取り30万円も可能
  • 25日稼働で手取り70万円以上も可能

デ○プロやAm○zon配送などで疲弊している方は、『ドラEVER』に登録して、もっと良い企業があることを知ってください。

これからゆうぱっくを始める方へ

一日の流れ

7時30分 仕分け開始

8時30 朝礼

朝礼が終わり次第AM便~14時便の積み込み

9時00頃 出発

積み込み完了次第出発

13時30分頃 センターに戻り14時便~18時までの便の積み込み

17時30分頃 センターに戻り

21時便の積み込み

終了次第センターへ戻り事務作業等

21時30頃終了


配達エリアの事

エリアはセンターから近い、不在が無い会社、商店が多いエリアは人気があります。しかし配達エリアは自分では決められません。エリア移動もあったりします。


クレームの事

クレーム対応はあります

お客様応対もお仕事の一つです。荷物の誤配、遅延、未配などもクレームにつながります。

また前任者がおこしたクレームを引き受ける事になってしまう事もあります。

日々お客様とコミュニケーションを取り、信頼関係を作っておくと良いかも知れません。


環境について

事業主の集まりですので、言わば皆ライバルな訳で、みんなで頑張ってやって行きましょう的な環境では無い事は確かです。


郵便局と契約するためには

郵便局の赤い車は、赤車と呼ばれています。赤車に乗っている人は、正社員または派遣社員(一部アルバイト)で、郵便局と直接雇用契約をしている人です。

個人事業主で働くには、郵便局と契約をしている業者さんを探すことが必要です。

会社との面談(面接)は最低3社以上お話を聞いた方が良いでしょう。

契約は即決するのではなく、一旦お話を持ち帰り良く考えた方が良いです。

あとで、質問事項も見つかるかもしれません。

ウマが合う会社、意見を出しやすい、聞いてくれるなど自分にとって働きやすい会社が見つかるはずです。

実際働くと、直行直帰なので会社の社長に会う機会は無いかも知れません。事務の方とのやりとりも電話の

みだったりしますので面談の際には自分を売り込んで印象づけるのも良いと思います。


業者(会社)選びについて

初期費用はあるのか?

ロイヤリティはあるのか?

レンタル車は貸して貰えるのか?

格安でレンタルしている所や、初月だけ、1か月は無料にしている所もあったりします。

リース車を紹介だけしてくれるのか?会社契約なのか自己で契約するのかなど

ガソリンカードは貸して貰えるのか?

通常の保険の他、貨物保険に入る必要性はあるのか?など 疑問点があるようならどんどん質問した方が良いです


採用基準について

普通免許があり、普通に運転が出来、やる気があれば大丈夫です。

未経験者には、同乗研修がありますし、わからない事も細かく教えて頂けます。

確定申告・開業届け

個人事業主であれば、確定申告を自己で行う必要があります。

実際、ちゃんとやってない人もいますが、ここでおすすめなのが青色申告です。

詳しいことは、税務署のホームページやググってみたりしてみてください。

開業届けは、すぐに提出する必要は無いと思いますが、宅配を続けていける!

やっていく!と思った時に管轄の税務署に提出しましょう。

割と簡単に書けます。その時に屋号が必要になってきます。

辞めるときには閉業届を忘れずに!

経費の種類

昼食代

携帯電話の通話料

タイヤ代

オイル交換代

被服費

車の整備費など

レシートはもちろん保管しておきましょう

休憩はいつ?

お昼休みは、配達の合間にご飯、休憩をとる形です

離職率は

長い人だと10年以上働いているベテランさんもいます。同じ業界に転職する人も多いです。

体力的なこと、や精神的なこと、事故に遭ってしまったなどの理由から

残念ですが離職率は高いかも知れません。

宅配のイメージは掴んでいただけたでしょうか?
12月の1か月間、繁忙期だけではありますが、一般車で荷物が積める車であれば黒ナンバーを取得しなくても配達してもよい事になっている期間があります。
1か月ゆうぱっく配達とはどんなものなのか経験してみるのも良いと思います。

ゆうぱっくの業務委託は、きつい時もあるが、月40円稼げて責任あるお仕事!

ゆうぱっくのきつい点についてまとめさせていただきましたが、辛さを乗り越えた際には高収入が待っています。
実際、知り合いで一日2万円、また月40万円稼いでいた方もいました。すごいですね。ルートを覚えたり、お客様のいる時間帯を覚えていてその時間を狙って配達したりと。
配達努力は必要不可欠ですね。
きつい中でも個人事業主という責任とプライドが持てる仕事であると思います。
皆様の配達ライフを応援しています。

●ゆうぱっくの何がきつい?
 肉体的な面
荷物は小物~重いものでは、水や、お米などを運びます。
実際のところ再配達も多く時間指定配達もあり、時間に追われます。
どこの宅配会社さんもそうですが、楽ではありません。特性上「きつい」というのが本音です。
 
 報酬面
委託契約で1個150円程度の荷物を届けなければいけません。配達件数が少ないと労働時間が長い割には毎月の収入が少ないと感じることもあります。
諸経費(ガソリン代、タイヤ代、オイル交換代、保険など)初めて委託契約(個人事業主になる)の際には、登録料がかかる会社もあります。
人によっては車代もあり諸経費を差し引くと手元にいくら残るか分からないと言った事もあります。また、お給料日が翌々月の月末、最初のお給料が2か月後だったりするので、それまでの生活費や日々乗る車のガソリン代などがかかります。最初のお給料日までは60日かかる訳ですから「きつい」です。
貯蓄してから宅配を始めたほうがベターといえるでしょう。

●きついと噂されているけど、やめたほうがいいのか、許容範囲なのか
 結論を言いますと、やるまえから、やめると結論を出さない方がよいでしょう。車の準備は自己ですぐ買わずにまず、レンタルや、リースで借りれるようなら借り方が良いと思います。慣れてからじよじょに購入に進むのが良いと思います。

実際ゆうぱっくを経験してみて思ったことは、つらいけど「楽しかった」です。の一言です。荷物を届けると、ありがとう~と言う感謝の気持ちを頂けます。お客様の笑顔が見られたり、安否確認じゃないですが一人暮らしの方の様子を見て安心したり…
時には缶コーヒーや、お菓子を頂いたり、仕事がきつい分些細な事がすごく嬉しく感じるんです。今の配達では、置き配メインでの配達が多い中、ゆうぱっくはお客様とのふれあいがあります。
一人で配達しているのでお客様とふれあって、お話するのもこれまた結構楽しいものです。


良かった点は、自分が個人事業主として社長として責任ある仕事を1日1日かみしめながら全うできるのが良かったです。配達が終わった時の爽快感がまた良いです。
一日一日の配達の積み重ねが報酬にも繋がっていくと思います。
メリットデメリットいろいろあり、感じ方もそれぞれあると思いますが、きついと言われる理由をご紹介しましょう。

この記事の結論!待遇の良い会社は腐るほどある

いま軽貨物をやっていて、報酬や労働時間、待遇に違和感や不満がある方は、早いうちに辞めましょう。

あなたが知らないだけで、世の中には下記のような案件がたくさん溢れています。

  • 日給8,000円~30,000円のルート配送
  • 日給24,000円の企業間配送
  • 1日5時間で12,000円の企業間配送
  • 時給1,600円以上のフードデリバリー(時給制)
  • 日給40,000円越えの宅配ドライバー

運送業に特化した日本最大級のドライバー系求人サイト『ドラEVERには、上記のような案件や求人が無数にあります。

各会社ごとの業務内容や報酬、労働時間が簡単に比較できます。また、企業によっては下記の特典もあります。

  • ガソリン代支給
  • お祝い金最大10万円支給
  • 1日5時間稼働で手取り30万円も可能
  • 25日稼働で手取り70万円以上も可能

デ○プロやAm○zon配送などで疲弊している方は、『ドラEVER』に登録して、もっと良い企業があることを知ってください。

軽貨物必須アプリ特徴リンク
配達NAVITIME

配達NAVITIME
配達スピード30%改善!
荷積みから出庫、配達スピードのすべてが改善されます。
伝票読み取り機能により手打ち作業がなくなる!
大型施設の入り口がわかる
自動ルート組機能で出庫が早くなり、最短ルートで配達できる
コンビニやトイレ・ガソリンスタンド・オービスも表示される
全ドライバー必須アプリ!
公式

詳細

Pick Go
■軽貨物マッチングアプリ「Pick Go」の日用品・フードデリバリー配達用アプリ。
大手コンビニ案件が多く、配達員にも知られていないので実は稼ぎやすい。
公式

詳細
ドラEVER(ドラエバー)
ドラEVER
■求人数40,000件以上の運送系求人サイト
掲載企業のPR動画で仕事内容や職場の雰囲気がわかるので、安心して転職活動ができる。
公式

詳細
出前館,配達員,業務委託
出前館
■いま最も稼げるフードデリバリー
1件配達平均750円以上。
アマフレの予行練習になる。
公式

詳細
uber eats,ウーバーイーツ配達員
Uber Eats 
■1件平均550円の配達単価。
利用者数400万人越えのアプリなため配達依頼も圧倒的に多い。
アマフレの予行練習になる。
公式

詳細

アマゾンフレックス
■高時給
日給制。時給換算2,000円~3,000円程度。配達アプリのルートに従って運転するので未経験でも簡単。置き配・ポスト投函が9割なので配達が楽。
公式

詳細