神奈川県にある「黒ナンバーの軽貨物車」をリースできる会社を紹介します。

リースには「初期費用が0円」「納車が早い」といったメリットがありますが、料金が安くて、黒ナンバーの取得手続きも一緒にお願いできる会社がいいですよね。

この記事では、神奈川県で契約できるおすすめの軽バンリース会社を解説してるので、ぜひ参考にしてみてください。

頭金が要らないリース会社
リースナブルの軽バン

リースナブル新車が月額2万円代から軽バンをリースすることができます。

アマゾンフレックスに必要な軽貨物運送事業の届け出も代行してくれるので、黒ナンバーが付いた状態で軽バンを家まで届けてくれますよ。

  • 自社審査に対応しているので契約しやすい
  • 納車が最短1カ月で早い
  • 途中解約も可能

多くの方がリース車を利用してアマゾンフレックスで活躍されています。

新車の黒ナンバーリース業界最安値!

リンク先:リースナブル公式サイト.

新車のエブリイ・ハイゼットカーゴ・N-VANを配達で使用できます

神奈川県で「黒ナンバーの軽貨物車」をリースできる会社を紹介!

黒ナンバーの軽バンをリースできる会社は、神奈川県に密着した業者以外にも、全国展開で提供している会社もあります。

ここでは、神奈川県で契約できるリース会社を紹介したいと思います。

新車リースが業界最安値のリースナブル

リースナブルは、黒ナンバーの取得代行も行ってくれます。申し込み時に「軽貨物運送業を始めるので黒ナンバーの取得もお願いします」と伝えましょう。

リースナブルの軽バン
月額リース料金新車:25,850円〜
審査方法信販会社・独自審査
黒ナンバー取得代行0円
頭金・初期費用0円
リース期間5年
契約満了後の買取15万円〜20万円
車種エブリイ・ハイゼットカーゴ・クリッパー・N-VAN

頭金・初期費用0円なので、資金がない方でも新車をリースできます。

しかも、黒ナンバーをリースできる会社で、新車が月額30,000円を下回っているのはリースナブルだけです。※2022年6月現在

新品の軽バンで配達したい方や中古の故障リスクが気になる方が利用されています。

なお、申し込み時には月間走行距離のコース選択に注意です。選択したコースの走行距離を超えると1kmにつき15円追加料金がかかります。

配達業務で使用するので、2,000kmのプランを選びましょう。

アマゾンフレックスのリース・レンタルは走行距離に気を付ける

アマゾンフレックスでは、配達エリアにもよりますが、1日に40km~90km前後走行します。仮に1日90kmで22日間走行した場合、1カ月に1,980km走行するので2,000kmギリギリです。

しかし、走行距離を大きくオーバーしたとしても、5年後の契約終了後に軽バンを15万円で買い取ることができます。その場合は、オーバーした分の走行距離の料金は支払わなくていいので安心です。

15万円を5年間(60カ月)で割ると、1カ月あたり2,500円です。走行距離をオーバーした分が2,500円を超えるようであれば、買取した方がお得です。

新車の黒ナンバーリース業界最安値!

リンク先:リースナブル公式サイト

新車のエブリイ・ハイゼットカーゴ・N-VANを配達で使用できます

審査通過率98%以上の「GMSリース」

GMSリース

GMSリースは、サービスが全国展開しているので、神奈川県でも契約することができます。

一番の特徴は、審査通過率が98%以上なので、他のリース会社で落ちてしまった方でも審査に通る可能性があります。

黒ナンバーの取得手続きは、会社がすべて無料で代行してくれるので、安心です。

新車と中古車のプランを選ぶことができ、新車プランでは月額51,370円。中古車プランでは月額39,600円です。

任意保険料込みの価格なので、業界最安値水準です。

任意保険コミ!月額39,600円~

⇒GMSリースの車種と料金を確認する

黒ナンバーの取得代行費用は0円

リースのデメリット

ここからは、リースについてわからない方に向けて、軽貨物車両のリースのメリット・デメリットについて解説していきます。

まずは、リースをするデメリットを解説します。

途中解約ができない

リースには契約期間が設定されており、途中で解約することはできません。

途中解約する場合、多額の違約金もしくは、契約期間に支払う予定の金額の全てを請求される場合があるので、利用期間する期間を把握してから契約した方がいいでしょう。

買取できない場合がある

リース契約の満了後に、リース車を「返却するか」「買取するか」選べる会社が増えています。

リース契約の満了後に、軽貨物事業を続けるのであれば、リースの再契約をするよりも、買取した方が安いです。

車の買い替えを検討していないのであれば、買取ができるリース会社を選んだ方がいいでしょう。

総支払額は購入するよりも高い

自賠責保険や税金といった初期費用だけでなく、手数料も月額料金に含まれているので、車両本体価格よりも、契約期間に支払うリース料金の総額の方が高くなる傾向です。

リースをするメリット

続いてリースをするメリットについて解説していきます。

毎月の支払いを経費にできる

軽貨物車を購入すると、使用用途を按分する必要がある。

リースした場合は、全額経費にすることが認められている。

また、リース車は自分の所有物ではないので、減価償却の手続きの必要もありません。

面倒な事務処理がなくなるので、忙しい方にこそ向いています。

頭金・初期費用が0円

リースは、頭金・初期費用が一切必要ありませんので、大きな資金を用意できない方でも軽貨物車を手に入れることができます。

お金はないけど、軽貨物業界で働きたいという方にもリースは最適です。

黒ナンバーの取得手続きを代行してもらえる

軽貨物車両を販売店で購入する場合は、自分で黒ナンバーの取得手続きをする必要があります。

黒ナンバーの取得には、「貨物軽自動車運送事業経営届出書」「事業用自動車等連絡書」「運賃料金表」などを記入し、各都道府県にある「運輸支局」と「軽自動車検査協会」で提出&手続きを行わなければいけません。

初めて開業される方や忙しい方には、面倒な事務手続きですので、全て代行してしまった方が楽です。

リース会社の中に、全てを代行することで、事務手続きや運輸支局に行く必要がなくなります。

申し込みから納車までネットで完結する

軽貨物車両を購入する場合、契約時には店舗に行く必要がありますが、リースの場合、申し込みから納車までネットで完結できることがほとんどです。

ネットでリース料金を確認したり、メールで問い合わせをすることもできるので、人と合わずにじっくりと検討することができます。

1~2カ月で納車できる

軽貨物車を購入すると2~3カ月以上の時間がかかってしまいます。

リースの場合は、黒ナンバーの取得手続きも込みで1~2カ月後に納車が可能です。

神奈川県で軽バンをリースするなら「GMSリース」

GMSリースには、記事で紹介した5つのメリットを全て満たしています。

また、新車と中古の両方のプランを選ぶことができて、契約満了時には買取することもできます。

「開業歴が長い」もしくは「会社員」ではない限り、審査に通るのは厳しいので、確実性を求めるなら審査通過率98%以上のGMSリースを選びましょう。

GMSリースの申し込み方法!

GMSリースの公式サイトにアクセス後、「車種と料金をチェック」をタップすると、下記画像のようなプラン一覧が出てきます。

GMSリース申し込み画面

都道府県ごとに選べるプランが違いますので、チェックしておきましょう!

全国対応しているのは、中古③・新車③です。

1都6県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県)に住んでいる方が、中古車リースを希望する場合中古①②④を選びましょう。

1都6県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県)に住んでいる方が、新車リースを希望する場合、新車⑤を選びましょう。

1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)に住んでいる方が、新車リースを希望する場合、新車①を選びましょう。

黒ナンバーの取得費用0円!

>>GMSリースで車両の在庫を確認する

ローンが組めない方やフリーターの方でも審査に通っています

コメントを残す