ヤマト運輸の配達パートナーとして、EC専門の荷物を配送するイージークルー。

一部地域でイージークルーが終了し、配達パートナーが契約解除になっていると騒がれています。

ヤマトのEC部門は好調なはずなのに、なぜイージークルーが終了してしまったのか解説していきます。

EAZY CREWとは?

EAZY CREW(イージークルー)とは、「EAZY」専門の荷物を配達する業務委託の配達パートナーです。

「EAZY」とは、ヤマト運輸と提携しているECサイトで購入した商品を、玄関やガスメーターボックスに置き配できるなど、非対面で受け取りできるサービスです。

一部地域でイージークルーが終了した理由

まず、ヤマト運輸の配達パートナー・イージークルー自体は現在も継続しています。

しかし、一部地域ではEC部門を撤退。イージークルーの配達パートナーが契約解除または、リセール商品を配達するドライバーになっている状況です。

その理由は、次の3点あります。

  1. EC専門の荷物量が少なくてドライバー離れ
  2. 低単価のネコポスが多すぎてドライバー離れ
  3. メルカリ、Yahoo!オークションの荷物の取り扱いがなくなった
  4. Amazonの荷物が減っている

①EC専門の荷物量が少なくてドライバー離れが起きている

イージークルーで配達する荷物は、ヤマト運輸と契約しているECサイトの荷物のみになります。

EAZY対応荷物
  • Amazon
  • メルカリ
  • Yahoo!ショッピング
  • ニッセン
  • ヤフオク!
  • PayPayフリマ
  • アンダーあまー
  • ZOZOTOWN
  • LOHACO
  • .st(ドットエスティ)
  • 再春館製薬所
  • ユニクロ
  • ジーユー
  • ハンコヤドットコム

EAZYに対応しているサービスが限られているため、荷物の総量が少ないです。

配達単価180円~200円と高単価ですが、日々の荷物量にバラつきがあり、収入が安定しないため、ドライバー離れが起こっています。

②低単価のネコポスが多すぎてドライバー離れ

イージークルーでは、ポストに投函できるサイズの荷物である「ネコポス」を1日に30個~80個配達します。

ネコポスの配達単価は、20円~50円(税込)と低単価なので、数が多すぎると稼げません。

30円のネコポスを80個配っても、2,400円にしかならないので、ドライバー離れが起きるのは当然ですね。

③メルカリ、Yahoo!オークションの荷物の取り扱いがなくなった

メルカリ、Yahoo!オークションの荷物を取り扱わなくなった理由は、イージークルーの配達品質が低いからと言われています。

上記2つのサービスから依頼された荷物は、通販サイトで販売されている商品ではありません。個人が所有している唯一無二のモノなので、紛失時や破損時の代替えができません。

配送品質を保つために、ヤマト運輸の自社ドライバーで配送することになりました。

参考:ごーしんフリーランスTV

よって、より配達する荷物が減ってしまい、イージークルーが終了する原因になっています。

④Amazonの荷物が減った

Amazonは年間5億個以上の荷物※を取り扱っており、配送をヤマト運輸に委託してきました。

※引用:東洋経済

しかし、アマゾンフレックスやデリバリープロバイダなど、自社で物流網を構築したことにより、ヤマト運輸で配送するAmazonの荷物は減ってきています。

今まではAmazonの荷物が大量にあったので、配達エリアが密集し、短時間で効率よく稼げていました。荷物の総量が少ないと、配達エリアが広がってしまうので、1時間に配達できる荷物は減ってしまいます。

【まとめ】終了した理由はドライバーが定着しないから

イージークルーは、高単価な荷物が少なくて、低単価な荷物が多い。それに加えて、配達エリアが広がってしまうと、配達件数が少なく稼ぎにくいので、ドライバーは定着しにくいです。

また、ヤマト運輸は予告なしで契約解除することが業界に知れ渡っているため、ドライバーの採用も難しいです。

全ての地域で荷物がないわけではないですが、長期間同じ会社で働きたいと思っている方は、慎重に検討すべきでしょう。

イージークルーで短期間だけ働くのはアリ

イージークルーの契約は1カ月更新なので、とても安定して働ける環境ではありません。

2019年から始まったヤマト運輸による委託切りは、イージークルーやYSS(ヤマト・スタッフ・サプライ)問わず、現在も続いています。

しかし、イージークルーは、配達単価180円~200円と高単価なので、短期間で割り切って働く方にとっては、良い条件なのではないかなと思っています。もちろん、ネコポスの量は契約前に確認した方がいいです。

1つの会社に依然せず、運送会社のツテを探したり、軽貨物マッチングアプリのアマゾンフレックス、出前館、ピックゴーに登録するなど、セーフティーネットを複数用意して生存確率を上げる立ち回りが必要です。

子供が高熱を出したらどうしていますか…?

下記のサービスは、日程や時間を自由に調整して働けるサービスです。

軽貨物マッチングアプリ特徴リンク
amazon flex(アマゾンフレックス)
アマゾンフレックス
■高時給
日給制。時給換算2,000円~3,000円程度。配達アプリのルートに従って運転するので未経験でも簡単。置き配・ポスト投函が9割なので配達が楽。
公式

詳細
出前館

出前館
■いま最も稼げるフードデリバリー
1件配達550円~715円。最大3倍のインセンティブ
月収100万を超える配達員も続出中。アマフレの予行練習になる。
公式

詳細
Uber Eats (ウーバーイーツ)

Uber Eats
■注文件数No.1
1件配達550円前後。加盟店・利用者数No.1なので注文が途切れにくい。配達アプリのUIが直感的でわかりやすい。アマフレの予行練習になる。

公式

詳細
Pick Go(ピックゴー)
Pick Go
■スポット・チャーターの案件多数
荷主とドライバーを結ぶマッチングプラットフォーム
。軽貨物業界No.1のシェア。日給制のフードデリバリーもアリ。
公式

詳細
コメント一覧
  1. 匿名 より:

    ヤマト easycrew はec 以外の配達〔個人発送物など)も対象でしょうか?
    教えていただけると助かります

コメントを残す