記事内に広告が含む場合があります

記事内に広告が含む場合がありますが、コンテンツの内容やランキングには一切影響ありません。企業から依頼された広告を掲載する際には「PR」を表記しています。

消費者庁が問題にしている「誇大広告やステルスマーケティング」にならないよう十分配慮してコンテンツ制作を行って参ります。

「Uber Eats の配達員なんてそんな底辺の仕事やめたほうがいい」

最近、そんな声を耳にするようになりました。

  • Uber Eats の配達員は本当に底辺なのか
  • Uber Eats の配達員が底辺といわれる原因は何なのか

これらを徹底解説していきます!

この記事の結論!

Uber Eats の配達は、報酬が下がっていて、注文の奪い合いにより、稼ぐのが困難になってきています。

  • 報酬が下がりすぎ
  • 配達員が増えすぎて注文を奪っている状況

デリバリー業務をしたい方は、運送会社に所属した方がよっぽど稼げます。

日本最大級のドライバー系求人サイト『ドラEVER』には、下記のような案件や求人が無数にあります。

フードデリバリー配達員にはまったく知られてない情報なので、今すぐ申し込めば今よりも楽して稼げますよ。

  • 日給8,000円~30,000円(歩合制)
  • 時給1,600円以上のフードデリバリー(時給制)
  • お祝い金最大10万円支給あり
  • 1日5時間稼働で12,000円
  • 手取り50万円以上も可能

Uber Eats も当てはまる?SNSで話題の"底辺職"とは?

2022年、SNSで「底辺の仕事ランキング」が話題になりました。

「底辺の仕事」とされていたもの

  • 土木・建設作業員
  • 警備スタッフ
  • 工場作業員
  • 倉庫作業員
  • コンビニ店員
  • 清掃スタッフ
  • トラック運転手
  • ゴミ収集スタッフ
  • 飲食店スタッフ
  • 介護士
  • 保育士
  • コールセンタースタッフ

この仕事にランクインした職種に共通しているのは以下の点だとも記載がありました。

「底辺の仕事」の共通点として挙げられていたもの

  • 肉体労働
  • 誰にでもできる
  • 同じことの繰り返しである

共通点を見ると、Uber Eats もこの記事内の基準では「底辺職」ということになります。

管理者
仕事に「底辺」という基準をつけてしまうのは悲しいですよね。

仕事に「底辺」などと基準をつけることに意味はないと思います。
挙げられた職業の中には、なくては社会が成り立たない職業が多いです。

どのような職業でも自分自身で選び、誇りをもって働き、社会に貢献できればいいのではないでしょうか。

しかしながら、世間では「Uber Eats 配達員」=「底辺」というイメージを持っている人が少なくありません。

このイメージはどこから来るものなのか、次で解説します!

Uber Eats の配達員="底辺"と言われるのはなぜ?その理由7つを解説!

なぜ「Uber Eats の配達員="底辺"」というイメージがついているのでしょうか?
その理由を7つ解説していきます。

  • 応募資格が必要ない
  • 業務内容がシンプルで誰でもできるといわれている
  • 収入が不安定
  • 交通ルールを守らない危険な運転をする人が多い
  • 見た目が清潔ではない人がいる
  • 失業者などがやっているイメージがある
  • 雇用形態

応募資格が必要ない

Uber Eats 配達員になるための条件は以下です。

Uber Eats 配達パートナーとして登録できるのは 18 歳以上の方です。

出典:Uber Eats 公式サイト

かなり敷居が低いですし、身分証がある成人なら誰でも配達員として活躍できますね!
また、身分証を提出できれば高校生でも配達員になれます。

つまり、Uber Eats の配達員は「学歴・職歴関係ない」、「配達員の職歴がなくても配達員になれる」という挑戦しやすい職業なのです。

管理者
そういった敷居の低さから「底辺だ!」などと言われます...

誰でもできる職業は世間的に「底辺職」などと言われることがあります。
Uber Eats 配達員の業務に対する世間の偏ったイメージが原因ですね。

業務内容がシンプルで誰でもできるといわれている

配達員の応募資格はかなりシンプルなものでしたが、業務内容もシンプルです。
複雑な作業が苦手という方でもすぐに慣れるでしょう。

業務は以下のように進められます。

Uber Eats の業務内容

  1. 配達員用のアプリに「配達依頼」が入る
  2. 依頼を受諾し、店舗へ移動する
  3. 商品をピックアップ後、配達先へ移動
  4. 商品を注文者へ受け渡し(又は置き配)完了

コミュニケーションもあまり必要なく、慣れてしまえばテキパキとこなせます。

管理者
つらいのは配達し始めだけですね。

1ヶ月ほど同じ地域で配達すれば、配達依頼が入りやすい店舗名・場所なども覚えられますし、近道を見つけてより早く配達できるようになるなど、効率よく配達を進めるコツがだんだん掴めてきます。

このように仕事内容がシンプル+すぐに慣れることができるため、誰でもできる底辺の仕事というイメージがついてしまっています。

収入が不安定

Uber Eats と配達員は雇用関係にありません。
業務委託契約となっています。

シフトなどが必要なく、自由度が高いのもUber Eats 本部と配達員の関係が「業務委託契約」だからなのです。

自由度が高い分、収入は保証されていません。

管理者
特に最低保証などもありません。

1時間配達依頼が入らなかった場合はもちろん0円です。
しかし、1時間に4,5件テキパキと配達をこなせれば時給2,000円を超えることも可能です。

どれだけ配達したかがそのまま報酬に反映されるということです。

報酬が少なくても自己責任であり、上手く立ち回る方法を自分で考えなければなりません。

アカウント停止による収入激減のケースも

稀ですが、注文者やレストラン側とのトラブルが報告されてアカウントが停止になってしまったという報告を見ます。

アカウント停止となると、配達員としての仕事ができなくなります。

いつ頃再開できるのかはUber Eats 本部の判断となり、このアカウント停止状態を一般的に「垢バン」ともいいます。
酷いと永久垢バンとなり、Uber Eats の配達員として今後一切働けなくなります。

アカウント停止になってしまうと、一定期間配達ができず収入は0円です。

会社員と違って、そういった不安定さを含んでいることから「Uber Eats は収入が不安定だからやめておいたほうがいい」「底辺の仕事だよ」なんて言われています。

管理者
自由度が高く、配達した分しっかり報酬に反映されるのがUber Eats のいいところでもあるんですけどね...。

交通ルールを守らない危険な運転をする人が多い

正直、Uber Eats の配達員は時間との戦いです。

注文者にはあらかじめ「配達予定時間」というものが通知されており、配達員はその時間内に商品をお届けしようとできるだけ無駄のない配達を行っています。

テキパキと、安全に気を付けて配達できればベストですが、中には危険な運転をしてまで「早く配達を終えたい」と考える配達員がいるのも事実です。

車の間を縫って自転車で走行→反対側に渡ろうとして事故
というニュースもありました。

こういった交通ルールを守らない一部の配達員に対して、一般ドライバーもひやひやしているようです。

「Uber Eats の配達員は交通ルールを守れない人が多い」=「常識がない」→「底辺」というようなイメージがついてしまっているようです。

見た目が清潔ではない人がいる

Uber Eats では明確な服装の規定はありません。

管理者
基本的に自由な服・髪形で配達できます。

しかし、自由といえど一定以上の清潔感がないと、注文者・レストランの両方に悪い印象を与えてしまいます。

  • ロングすぎる髪の毛
  • 派手すぎるネイル
  • パジャマ同様の服装 など

直接受け渡しの際は注文者と必ず顔を合わせます。
その際に清潔感のない人が持ってきたとわかったら注文者は不安になってしまいます。

管理者
配達員の格好や身なりが悪かったという話題もちらほら耳にします

このように「清潔感が欠如している配達員がいる=そんな人でも働ける底辺の仕事」というイメージを抱く人がいるようです。

失業者などがやっているイメージがある

  • 登録して1~2営業日で働き始められる
  • 資格などがいらない
  • 週払いのためすぐ報酬が手に入る

Uber Eats にはこれらのメリットがあるため、次の職が見つかるまで配達員で生活をつなぐというような働き方をしている人もいます。

2020年~2021年にはコロナ禍ということもあり、「コロナ失業」が相次ぎました。

一時期は求人数も少なく、次の職業がなかなか見つからないという人も多かったようです。
そのときにUber Eats の配達員は稼げるという噂があったため、コロナ禍でもできる職を探している人や失業して仕事がなくなってしまった人が、Uber Eats の配達員として登録していました。

このときのイメージから「Uber Eats =失業した人がやっている」というイメージが世間にあります。

雇用形態

先ほども解説しましたが、Uber Eats と配達員は「業務委託契約」です。
収入も配達員の働き次第なため、件数をこなさないと報酬は伸びません。

会社員と違ってボーナスもないですし、毎月確定・安定して入ってくる給料もありません。

そういった点から「Uber Eats の配達員は不安定=底辺職業」というイメージがついているようです。

管理者
また、世間では「正社員であることが社会人として普通」というイメージがまだまだありますよね。

そういった何気ないイメージから、「Uber Eats の配達員は底辺なんじゃないの?」という声が出てくるようです。

雇用形態はどれもメリット・デメリットが存在します。
最近では働き方を変える人も増え、働いた分だけ報酬が得らえるフリーランス(業務委託)という働き方を選ぶ人もたくさんいます。

管理者
自分自身にあった働き方を選べるといいですね。
この記事の結論!

Uber Eats の配達は、報酬が下がっていて、注文の奪い合いにより、稼ぐのが困難になってきています。

  • 報酬が下がりすぎ
  • 配達員が増えすぎて注文を奪っている状況

デリバリー業務をしたい方は、運送会社に所属した方がよっぽど稼げます。

日本最大級のドライバー系求人サイト『ドラEVER』には、下記のような案件や求人が無数にあります。

フードデリバリー配達員にはまったく知られてない情報なので、今すぐ申し込めば今よりも楽して稼げますよ。

  • 日給8,000円~30,000円(歩合制)
  • 時給1,600円以上のフードデリバリー(時給制)
  • お祝い金最大10万円支給あり
  • 1日5時間稼働で12,000円
  • 手取り50万円以上も可能

【Uber Eats 】自分は配達員として底辺?基準はある?

Uber Eats 配達員は配達数や評価に応じて、以下のランクが与えられます。

  • グリーン
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ダイヤモンド

このランクが低いと「底辺?」と思われがちなのですが、そんなことはありません。

ランクはUber Eats のベテラン度を表しています。
ですので、「グリーン(初心者)だから底辺」ではないです。

管理者
では、配達員として「底辺」など言われるのはどのような行動・人なのでしょうか?

多く言われるのが仕事のクオリティや配達中の行動です。

  • 危険運転
  • 態度が悪い
  • 仕事の質にこだわらない
  • 業務に支障が出るレベルの清潔感がない服装
管理者
1つずつ解説していきますね。

危険運転

Uber Eats 配達員の「危険運転」はSNSやネットニュースでたびたび話題になっています。

配達員の多くが「少しでも早く配達を済ませて、次の配達に移りたい。」「配達をたくさんこなして多く稼ぎたい」という風に考えがちです。

また、「配達が遅れたら低評価(Bad)をつけられるんじゃないか...」という不安から危険運転をしてしまう方も多いようです。

スムーズに配達を済ませることは大切ですが、危険な運転は他ドライバーに迷惑が掛かりますし、事故に繋がります。

事故を起こしては元も子もないので、安全運転はしっかり意識するようにしましょう。

以下はUber Eats 配達員の危険運転で多いものです。

  • すり抜け(自転車配達員は特に注意)
  • スピードの出しすぎ
  • 一方通行逆走や一時停止無視などの標識見落とし

配達に気を取られて、気づかないうちに危険運転をしてしまっている可能性もあります。
今一度気をつけましょう!

配達が遅くなったら低評価になる...と心配な方は、注文者に事前にメッセージを送っておくと注文者側も安心します。
「店舗で商品の出来上がりを待っている状態です。ピックアップしたらすぐに配達に向かいます。」など一言入れるだけで印象は全然変わりますよ!

態度が悪い

Uber Eats の配達員がコミュニケーションを取るのは、以下の2者です。

  • 注文者
  • レストランや店舗の人

このとき丁寧なコミュニケーションを心がけていますか?
自分の気付かないうちに相手を不安にさせるコミュニケーションを取ってしまっている場合もあります。

特に、店舗で商品をピックアップする際は、相手に聞き取りやすい声で会話するようにしましょう。

レストランや店舗はガヤガヤしていて声が聞き取りにくい場合があります。

また、聞き取りにくい声での会話は注文の取り違えなど配達ミスにも繋がってしまうため気をつけましょう。

仕事の質にこだわらない

これもUber Eats 配達員の問題としてよく挙げられています。
以下の例はかなりひどい例ですが、SNSで話題になっていましたので参考にしてください。

  • ラーメンの汁が全部こぼれているのにそのまま置き配で完了されてしまった
  • 商品をバッグに入れず、手持ちで運んでいた

汁物・ドリンクがこぼれた場合は連絡をいれる

ラーメンやジュースなどがこぼれてしまった場合は、そのままにせず本部へ連絡しましょう。

管理者
中には梱包が甘く、配達員だけの責任ではない場合もありますが...

本部への連絡はアプリからできます。
また、お客様にはチャットで一報入れておくのがベターです。

汁物やドリンクのこぼれ・漏れに気づいた場合はスルーせず、しっかり責任を持って対応しましょう。

運ぶ際は配達バッグを使う

配達員としては基本的なことですが、商品を運ぶ際は配達バッグを使うのが基本です。

保温・保冷ができるバッグに入れて配達するという決まりがあります。

「ピックアップからお届け先まで近いから、別にバレないでしょ」という理由で、自転車のハンドル部分にぶら下げて配達を開始したり、バイクの足置き部分にそのまま商品を直置きしている配達員も見かけました。

商品の破損を起こさないように、短距離でも必ず配達バッグを使うようにしましょう。

業務に支障が出るレベルの清潔感がない服装

Uber Eats 配達員の悪いイメージとして、「清潔感がない」「だらしない服装の配達員が来た」というような声も耳にします。

具体的には以下のような服装などです。

自分自身では気づかなかったけれど、周囲から見たら清潔感がないという印象を与えてしまう場合があります。

今一度自分自身の服装などを見直してみましょう。

管理者
服装一つで評価が変わることもあるので、気を付けていきたいですね。

【配達員経験者が語る】Uber Eats の配達員は底辺でない!

Uber Eats の配達員という職業や、仕事内容は「底辺」ではありません。

世間の「Uber Eats 配達員=底辺」というイメージは、一部配達員の態度や服装、仕事の質からついているイメージであることもわかりました。

管理者
しっかり仕事に取り組んでいるのに、自分は底辺なのかな...
と悩む必要はありません。

自分の配達に責任をもって、毎配達しっかり完了させることが大切ですね。

Uber Eats 配達員の仕事内容は単純かもしれませんが、やりがいもたくさんあります。
コツコツ取り組む忍耐強さも必要なため、決して楽な仕事ではありません。

その大変さがありつつも、業務委託契約で配達を頑張った分だけ稼げるのがUber Eats の魅力です。
実際配達をたくさんこなして稼いでいる配達員もたくさんいます。

詳しい稼ぐコツなどは以下の記事からも確認できます。

▶関連記事:ウーバーイーツで月収50万は可能?高報酬配達員の口コミと配達のコツを解説!

管理者
配達員という仕事は社会を支える立派な仕事です!

誇りをもってこれからも仕事していきましょう!

まだUber Eats の配達員として登録していない方でも、本記事を読んで「Uber Eats の配達員をやってみたい!」と感じましたらぜひ登録してみてくださいね!

管理者
最短で1~2営業日で簡単に登録が完了しますよ!
この記事の結論!

Uber Eats の配達は、報酬が下がっていて、注文の奪い合いにより、稼ぐのが困難になってきています。

  • 報酬が下がりすぎ
  • 配達員が増えすぎて注文を奪っている状況

デリバリー業務をしたい方は、運送会社に所属した方がよっぽど稼げます。

日本最大級のドライバー系求人サイト『ドラEVER』には、下記のような案件や求人が無数にあります。

フードデリバリー配達員にはまったく知られてない情報なので、今すぐ申し込めば今よりも楽して稼げますよ。

  • 日給8,000円~30,000円(歩合制)
  • 時給1,600円以上のフードデリバリー(時給制)
  • お祝い金最大10万円支給あり
  • 1日5時間稼働で12,000円
  • 手取り50万円以上も可能
軽貨物必須アプリ特徴リンク
配達NAVITIME

配達NAVITIME
配達スピード30%改善!
荷積みから出庫、配達スピードのすべてが改善されます。
伝票読み取り機能により手打ち作業がなくなる!
大型施設の入り口がわかる
自動ルート組機能で出庫が早くなり、最短ルートで配達できる
コンビニやトイレ・ガソリンスタンド・オービスも表示される
全ドライバー必須アプリ!
公式

詳細

Pick Go
■軽貨物マッチングアプリ「Pick Go」の日用品・フードデリバリー配達用アプリ。
大手コンビニ案件が多く、配達員にも知られていないので実は稼ぎやすい。
公式

詳細
ドラEVER(ドラエバー)
ドラEVER
■求人数40,000件以上の運送系求人サイト
掲載企業のPR動画で仕事内容や職場の雰囲気がわかるので、安心して転職活動ができる。
公式

詳細
出前館,配達員,業務委託
出前館
■いま最も稼げるフードデリバリー
1件配達平均750円以上。
アマフレの予行練習になる。
公式

詳細
uber eats,ウーバーイーツ配達員
Uber Eats 
■1件平均550円の配達単価。
利用者数400万人越えのアプリなため配達依頼も圧倒的に多い。
アマフレの予行練習になる。
公式

詳細

アマゾンフレックス
■高時給
日給制。時給換算2,000円~3,000円程度。配達アプリのルートに従って運転するので未経験でも簡単。置き配・ポスト投函が9割なので配達が楽。
公式

詳細