記事内に広告が含む場合があります

記事内に広告が含む場合がありますが、コンテンツの内容やランキングには一切影響ありません。企業から依頼された広告を掲載する際には「PR」を表記しています。

消費者庁が問題にしている「誇大広告やステルスマーケティング」にならないよう十分配慮してコンテンツ制作を行って参ります。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をママチャリでやろうと思っているんだけどできるかな?」

「電動自転車やバイクと比べて、ママチャリの配達ってどうなんだろう?」

Uber Eats の配達員として仕事をしようと思ったときに、「配達手段を何にするか」は一番最初に考えるのではないしょうか?

管理者
今回は、ママチャリでも配達ができるのか、コスパの良い配達手段は何なのか徹底解説します!

ノーストレスで稼げます

🎒配達バッグを持っていない方へ

配達バッグを持ってない方は無理に用意する必要はありません。

4,000円もする配達バッグは必要ないです。

下記のようなアルミ保温バッグが100円ショップに売ってますので、それで代用しましょう。

配達バッグ

店舗から料理を受け取ったり、お客様にお渡しする際にバックは持ち込まないので、トラブルになることありません。

一人暮らしの方の注文が多いので、要領も小さめで十分です。

お金に余裕がある方は配達バックを購入しましょう。

車配達の方は下記の収納ボックスもおすすめです。

この記事の結論!

Uber Eats の配達は、報酬が下がっていて、注文の奪い合いにより、稼ぐのが困難になってきています。

  • 報酬が下がりすぎ
  • 配達員が増えすぎて注文を奪っている状況

デリバリー業務をしたい方は、運送会社に所属した方がよっぽど稼げます。

日本最大級のドライバー系求人サイト『ドラEVER』には、下記のような案件や求人が無数にあります。

フードデリバリー配達員にはまったく知られてない情報なので、今すぐ申し込めば今よりも楽して稼げますよ。

  • 日給8,000円~30,000円(歩合制)
  • 時給1,600円以上のフードデリバリー(時給制)
  • お祝い金最大10万円支給あり
  • 1日5時間稼働で12,000円
  • 手取り50万円以上も可能

ママチャリでUber Eats の配達は可能?女性でも配達できる?

配達は可能です!Uber Eats の規定としても問題ありません。

ママチャリなら既に持っている人も多く、すぐに配達を始めたいと考えている人にとっては良いかもしれません。

管理者
Uber Eats の配達のために別の車両を用意しなくてもいいのが楽ですね。

配達スピードなどにこだわらなければ女性でもママチャリでの配達は可能です。

ノーストレスで稼げます

🎒配達バッグを持っていない方へ

配達バッグを持ってない方は無理に用意する必要はありません。

4,000円もする配達バッグは必要ないです。

下記のようなアルミ保温バッグが100円ショップに売ってますので、それで代用しましょう。

配達バッグ

店舗から料理を受け取ったり、お客様にお渡しする際にバックは持ち込まないので、トラブルになることありません。

一人暮らしの方の注文が多いので、要領も小さめで十分です。

お金に余裕がある方は配達バックを購入しましょう。

車配達の方は下記の収納ボックスもおすすめです。

ママチャリでの配達は可能だけど、かなりキツイ!

実際に配達するとなると「体力的な面で」かなり厳しいです。

理由としては、配達距離が挙げられます。Uber Eats は基本的に片道3~6kmの配達です。
配達を完了させて、また戻ってくるとなると往復で5~10km以上をママチャリで移動することになります。

体力に自信がある人でも、10kmをママチャリで移動するのはかなり疲れます。足がパンパンになって休憩を多めに取る必要も出てきます。

そうなると、1配達あたりの時間がかなりかかってしまいます。
また、1日短時間の配達しかできなかったり、毎日配達するのも厳しいでしょう。

その結果、「あまり稼げていない」という悩みに直面する人も多く、長く配達を続けたいならママチャリでの配達はあまりおすすめできないといえます。

ママチャリで配達する人が直面する「ママチャリでの配達が特にツラい瞬間3つ」を解説します!

  • 陸橋・坂が多い地域での配達
  • 自転車配達員の報酬が下がり続けている現状
  • 長距離配達が必要なとき

陸橋・坂が多い地域での配達

陸橋や坂などは、特に体力が削られますし、配達スピードも落ちます。

配達スピードが落ちると、1時間に配達できる件数が限られるため、結果的にあまり稼げなくなってしまいますよね...。

ママチャリで配達を始めようと考えている方は、事前にその地域をママチャリで走ってみてください。

  • 坂がかなり多い
  • 陸橋を超えないと行けない場所が多い

などの特徴がある場合は、配達スピードや体力の面から、ママチャリでの配達をおすすめできません。

自転車配達員の報酬が下がり続けている現状

近年、配達員の間で噂されている「自転車スリコ問題」です。

「スリコ」とは、1件の配達報酬が300円であることを言います。

自転車はバイクと比べてどうしても配達スピードが劣ります。

そうすると、配達依頼を決めるUber側も自転車よりバイクに配達リクエストを回した方が回転率が良いんですよね...。

管理者
私も自転車配達をした経験がありますが、ある時期から300円の配達リクエストが多かったです。

と言っても、自転車でも稼げる場所はありますので、後ほど解説します!

長距離配達が必要なとき

配達リクエストが入ると、配達距離が分かるようになっているのですが、3~6km(片道)が多くあります。

「4~6kmなら簡単じゃん」と思う方もいるかもしれませんが、実際配達先から配達リクエストが入るところまで戻ってくることを考えると、往復で6~12km自転車で移動することになります。

管理者
配達1件で、この距離をママチャリで移動するのは結構大変ですよね...。
往復距離を10kmと考えると、ママチャリでは30~40分くらいかかります。

4~6kmだと、配達報酬は300~450円であることがほとんどですので、1時間に配達できる件数などを考えて時給に換算すると微妙な金額になってしまうことが分かります。

Uber Eats 女性配達員、ママチャリ使っている人はどのくらいいる?

具体的な数は算出できませんが、一定数いるみたいです。

ママチャリ配達員の口コミ

Twitter上ではママチャリで配達している方がちらほらいました!

Uber Eats の配達員は、クロスバイクや原付などで配達しているイメージがありますが、ママチャリで配達している人もいる、ママチャリでも配達できるということが分かりますね!

ノーストレスで稼げます

🎒配達バッグを持っていない方へ

配達バッグを持ってない方は無理に用意する必要はありません。

4,000円もする配達バッグは必要ないです。

下記のようなアルミ保温バッグが100円ショップに売ってますので、それで代用しましょう。

配達バッグ

店舗から料理を受け取ったり、お客様にお渡しする際にバックは持ち込まないので、トラブルになることありません。

一人暮らしの方の注文が多いので、要領も小さめで十分です。

お金に余裕がある方は配達バックを購入しましょう。

車配達の方は下記の収納ボックスもおすすめです。

【実際にUber Eats で配達している人の口コミ!】ママチャリ女性配達員ならではの苦労がある?

実際にママチャリで配達している人の口コミを集めてみました!

メリットも多いようですが、それ以上に大変なことも多いようです。

ママチャリで配達している人がどのくらい稼いでいるか、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

ママチャリでUber Eats の配達、どのくらい稼げる?

実際どのくらい稼げるのか口コミを集めてみました。ぜひ参考にしてください。

オンライン2時間30分で4配達、報酬は約1,400円です。

好きな時間にコツコツ、運動も兼ねてゆったり稼ぐという目的ならママチャリ配達の方が初期費用を抑えられていいかもしれません。

待機時間も含めて、オンラインが7時間で10配達、報酬は約3,600円という感じです。

やっぱり自転車配達は報酬が下がってきているため、自転車配達員は効率よくテキパキと配達することが求められます。

2kmで約300円ほどです。

1件の配達で15分くらいですので、配達リクエストがスムーズに入れば1時間で1,200円ほどの報酬となります!

ノーストレスで稼げます

🎒配達バッグを持っていない方へ

配達バッグを持ってない方は無理に用意する必要はありません。

4,000円もする配達バッグは必要ないです。

下記のようなアルミ保温バッグが100円ショップに売ってますので、それで代用しましょう。

配達バッグ

店舗から料理を受け取ったり、お客様にお渡しする際にバックは持ち込まないので、トラブルになることありません。

一人暮らしの方の注文が多いので、要領も小さめで十分です。

お金に余裕がある方は配達バックを購入しましょう。

車配達の方は下記の収納ボックスもおすすめです。

【ママチャリから始めたい方向け】メリット3つを解説!

「デメリットは分かったけど、配達長く続くか分からないし...」
「とりあえずお試しで、すでに持っているママチャリを使って配達を始めようかな。」

と考える方も多いかもしれません。

管理者
ここからはママチャリで配達するメリットを解説します!
  • 既にママチャリを持っていれば初期費用を抑えられる
  • 荷台に配達バッグを固定して配達できる
  • 維持費があまりかからない

既にママチャリを持っていれば初期費用を抑えられる

ママチャリを既に所有していれば、すぐに配達を始めることが可能です。

他の自転車やバイクを探しに行かなくても良いので時間の節約にもなりますし、車両を購入する費用が浮いて良いことが多いですね!

もしバイクなどを購入するとなると、「乗りなれていない車両での配達が心配」「初期費用がかなりかかるな...」と不安になる人も多いでしょう。

普段乗りなれているものであれば、安心できると思います!

「まだ、Uber Eats の配達員として仕事を続けるか分からない」、「とりあえず登録してお試しで配達してみたい」という方は、すでに持っているママチャリで配達を開始することをおすすめします!

荷台に配達バッグを固定して配達できる

ママチャリには荷台がついていることがほとんどです。

管理者
そこにカゴを取り付ければ、Uber Eats の配達バッグを背負わなくて済みます。

肩への負担を減らせるだけではなく、バッグが傾いてドリンクなどの商品がこぼれてしまう...ということもなくなるので、安心して配達できますね。

維持費があまりかからない

バイクや車で配達するとなると、ガソリン代などがかかりますよね。

ガソリン代は、その時々によって変わり、高騰しているときは痛い支出になってしまいます。

それに比べて、ママチャリであれば特に維持費はかかりません。

強いて言えば、自転車に不具合が生じた際の修理費用くらいです。

ノーストレスで稼げます

🎒配達バッグを持っていない方へ

配達バッグを持ってない方は無理に用意する必要はありません。

4,000円もする配達バッグは必要ないです。

下記のようなアルミ保温バッグが100円ショップに売ってますので、それで代用しましょう。

配達バッグ

店舗から料理を受け取ったり、お客様にお渡しする際にバックは持ち込まないので、トラブルになることありません。

一人暮らしの方の注文が多いので、要領も小さめで十分です。

お金に余裕がある方は配達バックを購入しましょう。

車配達の方は下記の収納ボックスもおすすめです。

ママチャリでもUber Eats で稼げるスポットがある?

配達報酬が下がっていると噂されている自転車配達員は、効率よく、コツを抑えて配達することが求められます!

管理者
ここでは、ママチャリでも稼げるといわれるおすすめのスポットや配達条件を解説していきます。
  • 短距離案件を狙う
  • 注文が入りやすい店舗の把握をしておく
  • ピークタイムに配達を行う

短距離案件を狙う

短距離案件であれば配達完了まで時間もかからず、体力の消耗もかなり抑えられます。

また、配達単価が低くても早く配達件数を重ねることができ、しっかり稼ぐことができます。

短距離の配達リクエストは自転車配達員に入りやすい傾向があると言われています。

短距離の配達リクエストが入った場合は迷わず取りましょう。

短距離案件を獲得したいなら駅前で待機するべき

駅前で待機する理由は店舗数の多さ、チェーン店の多さです。

店舗が多ければ、配達リクエストが入りやすいことはもちろん、短距離案件も入る確率が上がります。

また、チェーン店は同じ地域でも複数店舗がある場合が多いため、注文者はより近くの店舗から注文する傾向があります。注文者の自宅から近い店舗で注文するほど配達料がかからないためです。

そのため、チェーン店の配達リクエストでは配達距離が短いことが多いです。

注文が入りやすい店舗の把握はマスト

配達する時間によって、配達リクエストの数がかなり変わります。

その時間帯に合わせて、配達の需要が多い店舗の近くで待機する方法です。

この方法は多くの配達員が行っており、1時間にこなす件数をなるべく増やすために実践している人が多いです。

例えば以下のような店舗がおすすめです。

  • マクドナルド、牛丼店...朝からオープンしており、1日中注文が多い
  • タピオカ店...人気で注文が多い、ピークタイムを過ぎても注文が途切れないことが多い
  • その地域内の人気店舗...注文が入りやすい(ただ、遠方からの注文が入る場合もある)

どこの店舗に多く注文が入っているか(人気店なのか)は、注文者側のアプリにある評価を参考にすると分かりやすいかと思います。

管理者
また、配達に慣れてくると「この時間帯は、○○店に注文が入りやすい」など分かってきますので、経験を重ねていきましょう。

ピークタイムに配達を行う

効率よく配達をこなしていくためには、ピークタイムの配達が重要です!

ピークタイムとは?

注文が入りやすい時間帯のこと

  • 昼12:00~14:00
  • 夜18:00~20:00

多くの配達員がピークタイムに配達を行っています。

ピークタイムは注文が次々と入ることで待機時間を減らすことができるため、自転車でも短時間で多く報酬を得ることが可能です。短時間集中で最大限稼ぐためにも、ピークタイムの配達はマストです。

ノーストレスで稼げます

🎒配達バッグを持っていない方へ

配達バッグを持ってない方は無理に用意する必要はありません。

4,000円もする配達バッグは必要ないです。

下記のようなアルミ保温バッグが100円ショップに売ってますので、それで代用しましょう。

配達バッグ

店舗から料理を受け取ったり、お客様にお渡しする際にバックは持ち込まないので、トラブルになることありません。

一人暮らしの方の注文が多いので、要領も小さめで十分です。

お金に余裕がある方は配達バックを購入しましょう。

車配達の方は下記の収納ボックスもおすすめです。

Uber Eats 配達員やるならコレ!コスパの良い配達手段は?【ママチャリ・電動自転車・バイク】

ここまで、ママチャリのメリット・デメリット両方を解説してきました。

「ママチャリでも配達できることが分かったけど、電動自転車とかバイクとか他の配達手段も気になる」「がっつり稼ぐためには、ママチャリ以外の方が良さそう...?」

と感じた方も多いのではないのでしょうか?

ここからはママチャリ・電動自転車・バイクの3つを比較して、コスパの良い配達手段を紹介します!

初期費用は?

以下が、ママチャリ・電動自転車・バイクの初期費用の比較です。

ママチャリ電動自転車バイク
購入費用0円
(すでに持っている場合)
約100,000~150,000円約170,000円~
維持費ほとんど0円
(修理が発生した場合随時)
・充電費用:5~10円/回
・バッテリー交換:30,000~40,000円(3年に1回ほど)
・保険料など:約30,000円/年
・軽車両税:約2,000円
・定期点検:3~5,000(年1,2回)

参考程度に維持費も記載してみました。

ママチャリ → 電動自転車 → バイクの順で初期費用は上がります。

「電動自転車やバイクなら普段の生活でも使える!」と考える方は、電動自転車やバイクを選んだ方が普段の買い物などでも使えて最終的なコスパは良くなりそうです。

収入の差はどのくらいある?

ママチャリ電動自転車バイク
時給900~1,000円1,200~1,600円1,500円~2,200円
1ヶ月あたりの報酬144,000~160,000円192,000~256,000円240,000~352,000円

1ヶ月あたりの報酬については、1日あたり8時間配達×20日で算出しています。

こう見ると、「ママチャリでもかなり稼げる!」と思いますが、ママチャリで1日8時間の配達は現実的ではありません。ですので、実際はもっと収入が少なくなります。

結局どの手段がコスパいい?おすすめは「電動自転車」か「バイク」!

理由としては、配達にかかる時間がママチャリと比べてかなり短くて済むからです。

電動自転車やバイクだと、一定の初期費用や維持費がかかりますが、配達で得られる報酬はママチャリと比べると多くなりますので、むしろ電動自転車やバイクの方がコスパが良くなりそうです。

体力や効率の面を考えても、長く配達を続けるうえでママチャリでの配達はあまりおすすめできません。

管理者
私も電動自転車のレンタルで配達していましたが、5,000円/月で、配達・買いものなどにも使えたのでコスパ良しでした。

今は、電動自転車やバイクを約5,000円~/月でレンタルできるサービスなどもありますので、購入が不安という方はまずはレンタルを検討してみても良いかもしれませんね!

ノーストレスで稼げます

🎒配達バッグを持っていない方へ

配達バッグを持ってない方は無理に用意する必要はありません。

4,000円もする配達バッグは必要ないです。

下記のようなアルミ保温バッグが100円ショップに売ってますので、それで代用しましょう。

配達バッグ

店舗から料理を受け取ったり、お客様にお渡しする際にバックは持ち込まないので、トラブルになることありません。

一人暮らしの方の注文が多いので、要領も小さめで十分です。

お金に余裕がある方は配達バックを購入しましょう。

車配達の方は下記の収納ボックスもおすすめです。

まとめ

この記事の結論!

女性に限らずUber Eats の配達は、報酬が下がっていて、注文の奪い合いにより、稼ぐのが困難になってきています。

  • 報酬が下がりすぎ
  • 配達員が増えすぎて注文を奪っている状況

デリバリー業務をしたい方は、運送会社に所属した方がよっぽど稼げます。

日本最大級のドライバー系求人サイト『ドラEVER』には、下記のような案件や求人が無数にあります。

フードデリバリー配達員にはまったく知られてない情報なので、今すぐ申し込めば今よりも楽して稼げますよ。

  • 日給8,000円~30,000円(歩合制)
  • 時給1,600円以上(時給制)
  • お祝い金最大10万円支給あり
  • 手取り50万円以上も可能

今回はママチャリでUber Eats の配達をするメリット・デメリット、コツなどを解説してきました。

ママチャリで配達するデメリット

  • 地域によっては効率が悪い
  • 自転車配達員の報酬が下がり続けている
  • 長距離配達に向いていない

体力面や、配達効率などを考えてもママチャリでの配達はあまりおすすめできません。
長期間配達業務をしたい!という方は、ママチャリではなく、「電動自転車」や「バイク」での配達をおすすめします。

ママチャリで配達するメリット

  • 既にママチャリを持っていれば初期費用を抑えられる
  • 荷台に配達バッグを固定して配達できる
  • 維持費があまりかからない

お試しでの配達や、短期間の配達であればママチャリでも良いかもしれません。

ママチャリで効率よく配達するコツ

  • 短距離案件を狙う
  • 注文が入りやすい店舗の把握をしておく
  • ピークタイムに配達を行う

やはり、Uber Eats の配達に使う車両でコスパが良いのは、「電動自転車」や「バイク」です。

いきなり購入するのが不安な方は、まずはレンタルから始めることをおすすめします!

ノーストレスで稼げます

🎒配達バッグを持っていない方へ

配達バッグを持ってない方は無理に用意する必要はありません。

4,000円もする配達バッグは必要ないです。

下記のようなアルミ保温バッグが100円ショップに売ってますので、それで代用しましょう。

配達バッグ

店舗から料理を受け取ったり、お客様にお渡しする際にバックは持ち込まないので、トラブルになることありません。

一人暮らしの方の注文が多いので、要領も小さめで十分です。

お金に余裕がある方は配達バックを購入しましょう。

車配達の方は下記の収納ボックスもおすすめです。

軽貨物必須アプリ特徴リンク
配達NAVITIME

配達NAVITIME
配達スピード30%改善!
荷積みから出庫、配達スピードのすべてが改善されます。
伝票読み取り機能により手打ち作業がなくなる!
大型施設の入り口がわかる
自動ルート組機能で出庫が早くなり、最短ルートで配達できる
コンビニやトイレ・ガソリンスタンド・オービスも表示される
全ドライバー必須アプリ!
公式

詳細

Pick Go
■軽貨物マッチングアプリ「Pick Go」の日用品・フードデリバリー配達用アプリ。
大手コンビニ案件が多く、配達員にも知られていないので実は稼ぎやすい。
公式

詳細
ドラEVER(ドラエバー)
ドラEVER
■求人数40,000件以上の運送系求人サイト
掲載企業のPR動画で仕事内容や職場の雰囲気がわかるので、安心して転職活動ができる。
公式

詳細
出前館,配達員,業務委託
出前館
■いま最も稼げるフードデリバリー
1件配達平均750円以上。
アマフレの予行練習になる。
公式

詳細
uber eats,ウーバーイーツ配達員
Uber Eats 
■1件平均550円の配達単価。
利用者数400万人越えのアプリなため配達依頼も圧倒的に多い。
アマフレの予行練習になる。
公式

詳細

アマゾンフレックス
■高時給
日給制。時給換算2,000円~3,000円程度。配達アプリのルートに従って運転するので未経験でも簡単。置き配・ポスト投函が9割なので配達が楽。
公式

詳細
この記事の結論!

Uber Eats の配達は、報酬が下がっていて、注文の奪い合いにより、稼ぐのが困難になってきています。

  • 報酬が下がりすぎ
  • 配達員が増えすぎて注文を奪っている状況

デリバリー業務をしたい方は、運送会社に所属した方がよっぽど稼げます。

日本最大級のドライバー系求人サイト『ドラEVER』には、下記のような案件や求人が無数にあります。

フードデリバリー配達員にはまったく知られてない情報なので、今すぐ申し込めば今よりも楽して稼げますよ。

  • 日給8,000円~30,000円(歩合制)
  • 時給1,600円以上のフードデリバリー(時給制)
  • お祝い金最大10万円支給あり
  • 1日5時間稼働で12,000円
  • 手取り50万円以上も可能