記事内に広告が含む場合があります

記事内に広告が含む場合がありますが、コンテンツの内容やランキングには一切影響ありません。企業から依頼された広告を掲載する際には「PR」を表記しています。

消費者庁が問題にしている「誇大広告やステルスマーケティング」にならないよう十分配慮してコンテンツ制作を行って参ります。

キラキラして見えるスタババイト。

学生
本当に楽しいことばかりなの?泣くほどつらいことはある?

と、気になる方も多いですよね。

今回調査したところ、スタバで大変・つらかったこととして以下が挙げられていました。

  • 優秀でポジティブな人が多く、周囲に馴染めないと悩む人もいる
  • 仕事がとにかく忙しい
  • 覚えることやテストが多い
  • ミスが重なると指摘が入るため精神的につらいときがある
  • お客さまからのクレームに対応する必要がある(クレーム自体は少ない)

本記事では具体的なトラブル体験・厳しいと言われる研修内容・利用者の年代などを解説しています。

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

スタババイトでスタッフが泣いた理由は?つらい出来事を解説

キラキラして見えるスタババイトですが、仕事内容はかなり大変と言われています。

特にスタバが初めてのバイトという方は、苦労される方が多いようです。

調べてみるとスタババイトで大変だったことやつらかったこととして、バリスタ経験者(現役含む)から以下のような例が挙げられていました。

  • 仕事に対する指摘が多く、できない自分に嫌気がさして泣いてしまった
  • 周囲が優秀なため、自分だけできていないのではと悩んでしまう
  • 忙しすぎて注文をさばけなくなってしまった
  • テストと研修がかぶってしまったため、覚えることが膨大になってしまった
  • 注文を間違えてしまい、クレームになってしまった
  • 研修が厳しくてつらかった
  • 同じミスはNGなのでプレッシャーが凄い
  • マルチタスクかつ周囲を見ながらテキパキト仕事をしないといけないため、慣れるまではできない自分に悔しさを感じ泣いていた
  • 周囲の人と性格があまり合わなかった
  • 様々なお客様に対応する必要があり、理不尽にクレームが入ることがある
  • 研修中のテストがつらい など

調べただけでもこんなにたくさんありました。

まとめると大体以下のように分類されます。少し詳しく解説します。

スタババイトで泣くほど大変だったことまとめ

  • 優秀でポジティブな人が多く、周囲に馴染めないと悩む人もいる
  • 仕事がとにかく忙しい
  • 覚えることやテストが多い
  • ミスが重なると指摘が入るため精神的につらいときがある
  • お客さまからのクレームに対応する必要がある(クレーム自体は少ない)

優秀でポジティブな人が多く、周囲に馴染めないと悩む人もいる

いじめなどは経験したことがないけど、周囲に馴染めなくてつらかったという人が一定数います。

同じ店舗に他カフェバイト経験者が多く、仕事を覚えるのが早かったり、ミスしてもすぐに切り替えることができるポジティブな人が多いと悩んでしまうそうですね。

正直、仕事でミスしたときは「いかにして気持ちを切り替えるか」が大切です。

ミスを引きずってしまうと、さらにミスを重ねてしまうことが多いため、自分なりに気持ちの切り替え方を見つけると良いでしょう。

仕事がとにかく忙しい

暇な時間がないと言われるスタババイト。

お客様が少ないときでも、やらなければいけないことは盛りだくさんです。

スタババイトの仕事内容

  • レジ対応
  • ドリンク作成
  • ドライブスルー対応(ドライブスルーがある店舗のみ)
  • 仕込み:ドリンク作成に必要なものを準備
  • 納品:到着した資材や商品の確認
  • 店内清掃:拭き掃除
  • メニューを黒板に書く(不定期業務)
  • 新メニュー試食の準備(不定期)

お客様が多い時間帯になると、ひたすらレジ&ドリンク作成やフード準備に追われます。

スタバではドリンクのカスタマイズなどもあるため、注文が複雑なことも。

そして、お客様が少なくなったタイミングで、フードの補充や店内清掃、足りないものを補充したりします。

バリスタ
基本的に暇な時間の方が少ないため、時間に追われてしまいがちです。

新メニューが出るとかなり混みあい、同じドリンクメニューをたくさん作成することになるため、「目が回る」という方も...。

お客さまを待たせ過ぎてはいけないため、ひたすら注文をさばかなければいけませんね。

覚えることやテストが多い

覚えることが多くつらいと感じるタイミングは以下の3つです。

  • 入社してからテストがある
  • 膨大なドリンクメニューを全て覚えなければいけない
  • 商品の入れ替わりが多い

マニュアルがしっかりしているため、分からないことがあればマニュアルを見ながらでもできますが、混みあう店舗では注文を早くさばかなければいけないため、その余裕はありません。

また、新商品や新作フラペチーノが出ると、商品名とセットで作り方を覚える必要があります。

新作が出るタイミングは、多くて月2回ほどですので、慣れるまでは次から次へと覚えることが出てきて大変という声をよく聞きます。

ミスが重なると指摘が入るため精神的につらいときがある

スタバでは同じミスが許されません

あまりにもミスが多いと、SSVや社員からの信頼もなくなってしまいます。

  • なぜ同じミスを繰り返してしまうのか?
  • ミスの原因や改善策は考えたのか?
  • その後対策をしっかり行ったのか? など

上記のことを厳しくつめられたという方も。

バリスタ
分かっていてもミスの指摘がツラくて、店舗で泣いてしまったことがある人もいました...。

ただ、ミスなく注文をさばけるようになったときは成長を感じられます。

他のバイトでもそうですが、同じミスをしないように工夫する必要がありますね。

お客さまからのクレームに対応する必要がある

スタバは、様々なお客様が利用されます。

もちろん正当な指摘に対しては、スタバ側も真摯に対応してくれます。

しかし、お客様から理不尽に怒られたり、店員さんに高圧的に対応する方もいるため、そのような人への対応も必要です。

お客様からきつい言葉を投げかけられて、バックヤードで泣いてしまった経験があるバリスタもいます。

また、「酔っぱらった方の対応が大変だった!」という珍しい例もありました。

【泣くほど大変?】スタバのバイトで起きたトラブルは?対応方法についても解説!

ここからは実際のトラブルに対する対応方法を紹介していきます。

これからスタバで働きたいと考えている人、今現在スタバで働いている中でトラブル対応に悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

  • お客さまからのクレームはあまりない
  • お客さまからのアプローチ
  • 腰痛とむくみに悩まされるようになった
  • 仕事ができない人への当たり

お客さまからのクレームはあまりない!

調べてみましたが、お客さまからのクレームによるトラブルの事例はほとんどないようです。

ただ、店舗の客層にもよると思いますので一概には言えませんが...。

学生
私もよくスタバを利用しますが、大きな声でクレームを入れている人は見たことがありませんね。

慣れないうちは、レジ操作やドリンク作りに時間がかかってしまい、キツイ言葉をかけられたという方もいましたが、もっと仕事を頑張ろうと思うきっかけになったそうです。

お客さまからのアプローチ

男性客から女性店員へのアプローチが多いと言われています。

スタバの店員さんは気さくで、優しく話しかけてくれる人が多いため、「もしかして自分に気があるのかな?」と思ってしまうお客様がいるそうです。

常連になってくれることは嬉しいことですが、連絡先を聞かれたり、カウンターに長居したりでは仕事に支障が出てしまいます。

あまりにもアプローチがひどい場合はリーダーや店長に相談しましょう。

バリスタ
また、簡単に連絡先や個人情報を教えず、自分を守ってくださいね!

腰痛とむくみに悩まされるようになった

キラキラして見えるスタババイトですが、実際は重労働です。

  • 休憩があると言えど、業務中は立ちっぱなし
  • ドリンクを作る際に前かがみや中腰の姿勢になるときがある
  • 重い資材などを運ぶこともある

このようなことから、腰痛やむくみがひどくなったという声が聞かれます。

  • 腰痛防止にサポーターをつける
  • スニーカーで仕事する(ローファーより足が楽なため)

上記のような工夫をしている方が多いです。
より快適に仕事ができるようにしましょう!

仕事ができない人への当たり

店舗によりますが、女性店員が多い職場での人間関係トラブルがあったという方もいました。

仕事をなかなか覚えられない人に対して、当たりがキツい女性店員が多かったという声も。

最初は分からないことだらけなので仕方ないかもしれませんが、なるべくシフトに多く入るようにして早く仕事を覚えた方が良いかもしれません。

また、あまりにも当たりがひどい場合は、上の人に相談するのも1つの方法です。

バリスタ
研修中はトレーナーさんに相談するのも1つの手ですよ!

なお、研修では何をするのか下記記事で解説しています。

▶関連記事:スタババイトの研修はつらい?きつい?

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

【泣くほどつらい?】スタババイトの人間関係はぶっちゃけどう?

人間関係ですが、「店舗による」というのが結論です。

バリスタ
スタバの職場は基本的に「コミュニケーションを取るのが得意な方」が多いため、話すのがあまり好きではない・苦手という方は馴染みにくいかもしれません。

スタバ全体の人間関係に関することについてまとめました。

  • 店員同士のコミュニケーションは必須
  • 社員の異動が多い

1つずつ解説していきます。

店員同士のコミュニケーションは必須

実際に、スタバのバイトをしている方で、「もっと周囲とコミュニケーションを取った方が良い」と指摘された経験があったという話もあります。

忙しい職場なので、コミュニケーションをしっかりとらないと仕事が滞ってしまったり、二度手間になってしまうことも。

「もくもくとドリンクを作成したい」という方も多いようですが、勤務中のコミュニケーションは必須になります。

店舗によりますが、店員さん同士で休日に遊びに行ったり、飲み会が開かれることもあります。

「仕事の人間関係は仕事だけで完結したい」と考える方には、少々厳しいかもしれません。

社員の異動が多い

スタバでは、社員の人事異動が頻繁にあります。

大体5ヶ月~1年半で異動があると言われています。

学生
え?社員の異動ってバイトには関係ないよね?

そんなことはありません。
実は、社員の異動はバイトにも大きくかかわってきます。

  • 異動してきた社員さんによって店舗の雰囲気や仕事が変わる
  • 今までOKだったことがNGになった など

人によって様々な変化があるようです。

新しく異動してきた社員さんと相性が悪く、退職したという方もいました。

こればかりは人間同士の相性なので、どうすることもできませんね。

バリスタ
本当に合わない場合は近隣の店舗へ異動を願い出ても良いかもしれません。

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

【泣くほど大変?】スタバのバイトで大変なのは接客?店舗を訪れる年齢層について解説!

店舗に馴染めるか不安だと思いますが、それよりもどんなお客様が来るか不安な方も多いのではないでしょうか?

学生
先程解説したように、クレーム処理などはあまりないようなので少し安心ですね。

ここでは、スタバにどのようなお客様が来るのか解説します!

圧倒的に若い人が多い!

何となく予想できましたが、20代・30代が半数近くを占めています。

年齢が高くなるほど、利用者が減っていく傾向になりました。

参考:マナミナ(スタバファンはいったいどんな人なのか?アプリ利用者の行動特徴からペルソナを分析)

スタバは美味しいスイーツのような見た目が可愛いフラペチーノなどが若い人の中で話題になるため、自然と利用者も若い人が多くなると考えられます。

お客様とのコミュニケーションは先輩を見本にしよう!

学生
若いお客様が多いと言っても、お客様とのコミュニケーションって難しいな

不安な方も多いと思います。

最初は、ミスなく注文を取ることに集中して、慣れてきたら自分からコミュニケーションを取ってみましょう。

おすすめのフードを紹介したり、ドリンクに合うフードを勧めたり、会話の糸口は様々です。

同じ店舗で働く先輩方の対応から徐々に学んでいきましょう!

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

【泣くほどつらいときに】スタババイトの入社前にやること・仕事に対する不安に向き合う方法

先ほども少し紹介しましたが、スタバのバイトは仕事がたくさんあります。

スタババイトの仕事内容例

  • レジ対応
  • ドリンク作成
  • ドライブスルー対応(ドライブスルーがある店舗のみ)
  • 仕込み:ドリンク作成に必要なものを準備
  • 納品:到着した資材や商品の確認
  • 店内清掃:拭き掃除
  • メニューを黒板に書く(不定期業務)
  • 新メニュー試食の準備(不定期)
バリスタ
基本的に暇な時間がほとんどありません。

膨大な仕事をできるだけ早く覚えて、テキパキこなしたいと考える方も多いのではないでしょうか?

ここからは、めでたくスタババイトに合格した方向けに、入社前にやることや仕事に対する不安との向き合い方を解説します!

バイト入社前にやっておいた方がいいことは?

知識面は、研修でがっつり叩き込まれるため特に準備する必要はありません。

バリスタ
余裕のある方は、入社前に商品の名前とイメージを結び付けておくといいです。

実際にスタバで働いている方の体験談をもとに、バイト入社前に準備しておいた方がいいものを紹介します。

  • 身に着けるもの(トップス・ボトムス・靴)
  • メモ帳(コンパクトなものが望ましい)
  • 筆記用具

メモ帳や筆記用具などを用意するのに不安はあまりないと思いますが、服や靴を用意するのに「どんなものを買ったらいいの?」と迷う方も多いのではないでしょうか?

バリスタ
特に靴はドリンクなどで汚れることが多いため、しっかり洗えるスニーカーがおすすめです!

仕事に対する不安をどう乗り越える?

誰でも新しい職場に入るときは不安があります。

学生
仕事がしっかり覚えられるか不安。
学生
店舗の他のバイトさんや社員さんと仲良くなれるか、馴染めるか不安だな。

など、現在バリスタとしてスタバで活躍されている方でも、最初は不安な気持ちがあったようです。

このような不安を軽減するコツを紹介します。

  • 不安な気持ちを書き出す
  • 周囲の目を気にしすぎない
  • 失敗からしっかり学んで次に繋げる
  • 小さな目標をいくつか決めておく

不安な気持ちを書き出す

今ある不安な気持ちを紙に書きだす方法です。

「え?それだけ?」と感じるかもしれませんが、実はこの方法、不安を軽減させるのにぴったりなのです!

可視化することで、以下のように気持ちを切り替えられます。

  • じゃあこういう姿勢で仕事に取り組んでみよう
  • 挨拶をしっかりして周囲と積極的にコミュニケーションを取れれば早く馴染めそうだな
  • 書き出してみたら意外と大丈夫かも!

騙されたと思って、この書き出す方法を実践してみてくださいね!

周囲の目を気にしすぎない

学生
ミスしたら周囲にどんな目で見られるのか不安だな...。

何かミスしたときの周りの目線が怖いと感じる方もいるようですが、店舗で働く他の店員さんは「新人さんはミスするもの」と考えている人が多いです。

ミスしてしまっても、そのあとどう繰り返さないか・どう対策するかが重要ですよ!

失敗からしっかり学んで次に繋げる

上で解説しましたが、失敗して落ち込んでそのまま...はNGです。

  1. なぜ失敗してしまったのかを考える
  2. 先輩などに改めて確認した方がいいことがあれば行動する
  3. 次どうすれば失敗をしなくて済むかを考える

上の3ステップで、ミスを繰り返さない工夫をしましょう!

小さな目標をいくつか決めておく

始めから「絶対ミスせずドリンクを作る!」など、大きい目標を掲げてしまうと、ミスしたときに「今日も目標達成できなかった」「何でこんなに仕事ができないんだろう...」と悩む原因となります。

  • 分からないことがあったらすぐ聞く
  • ドリンク3種類は今日で完璧に作れるようにする
  • 今日職場で会った人に必ず挨拶+自己紹介をする

上記のように、少し軽め(小さめ)の目標を設定しておき、1つずつクリアして自信をつけていきましょう。

バリスタ
悩みすぎて早期で退職となってしまってはもったいありません。
長く働くためにも少しずつ成長するのを目指していきましょう!

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

▶関連記事:スタババイトの合格サインは?

▶関連記事:スタババイトの落ちたサインは?

▶関連記事:スタババイトは高校生がダメな理由は?

▶関連記事:スタババイトの面接では何を質問される?

▶関連記事:スタババイトで即時採用はあり得る?

▶関連記事:スタババイトの倍率が高すぎる?受かる方法を解説!