記事内に広告が含む場合があります

記事内に広告が含む場合がありますが、コンテンツの内容やランキングには一切影響ありません。企業から依頼された広告を掲載する際には「PR」を表記しています。

消費者庁が問題にしている「誇大広告やステルスマーケティング」にならないよう十分配慮してコンテンツ制作を行って参ります。

「スタバ(スターバックス)でバイトしている人って格好いい人・可愛い人しかいない。」
「スタバは絶対顔採用がある。容姿が良くないと受からないよ。」

そんな風に感じたり、聞いたりしたことはありませんか?

学生
確かにスタバで働いている人はキラキラ輝いている気がする...。

調査した結果、スタバはバイト採用で「顔採用」を実施していないという結論が出ました!

本記事ではなぜスタバは顔採用をしていると言われるのか、後半では、面接に受かるためのコツも解説しています!

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

スタバのバイトは「顔採用」で決まるって本当?

学生
スタバのバイトって容姿の良い人しか選ばれないの?ってくらい綺麗な人しかいない気がする...。

確かに、スタバで働いている人はキラキラ輝いていて、働くことを楽しんでいるように見えます。

ですが、「顔採用」はないと思われます。

スタバはもちろん「顔採用」を公式として明言していませんし、以下のような理念を掲げているため、容姿の良さよりも見られるポイントがあるはずです。

「何よりも、私たちの考えに共感し、人のために何ができるか考えられる人に入社してほしいと考えています。」

出典:スターバックス公式採用サイト「スターバックスで働くとは」より

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

スタバのバイトは「顔採用」じゃない!面接で合格する人の共通点

ここからは、スタババイトの面接に合格する人の共通点を解説します。

バリスタ
これから面接を受けようと考える方はぜひ参考にしてくださいね。
  • 向上心があるか
  • スタバの雰囲気に合っているか
  • しっかり相手の要望に応えられるか

向上心があるか

スタバがバイトを採用するうえで一番大切にしているのが向上心です。

今あるスキルよりも、「スタババイトを通してどうなりたいか」「どういった接客をしていきたいか」という点を重視しているようです。

スタバの公式採用サイトにあるインタビュー内でも「働く意欲」「これからどのように働いて」といったことを大切にしているのが分かります。

未来に目を向けてバイトを採用していることや、今のスキルに自信がなくても向上心をもっていればスタバで働くチャンスがあるのは嬉しいですね。

スタバの雰囲気に合っているか

意外と大切なのが「店舗にあった雰囲気」です。

面接で見られるポイントは複数ありますが、最終的に採用するか否かを迷った場合は、「スタバの雰囲気に合っているかどうか」を見られて決定されます。

スタバで働くイメージが湧くか、特に「エプロン」をつけて接客しているイメージが湧くかを見ている面接官もいるようです。

面接を受けたい店舗に通ってみて、どのような店員さんが働いているかリサーチしてもいいですね。

面接に行く際は、個性を出しすぎたおしゃれよりも、「清潔感を重視した店舗に合った雰囲気」をイメージしていくのをおすすめします。

しっかり相手の要望に応えられるか

学生
相手の要望に応えられるスキルなんて、働いてみないとわからないよね?

そう思う方もいると思いますが、「相手の要望に応えるスキル」は面接中の受け答えの様子から判断できます。

  • 聞かれている質問の意図を理解している
  • 質問の答えがちぐはぐではない

上記のポイントがよく見られています。

面接となると緊張してしまって、ちんぷんかんぷんな答えを言ってしまうなんてこともあると思いますが、何を聞かれているのかしっかり理解して、簡潔に答えることを意識しましょう。

混雑する時間帯にもシフトに入れる

スタバで重宝される時間帯は以下です。

  • 7:00~9:00(出勤ピークタイム)
  • 11:30~13:30(ランチタイム)
  • 16:00~19:00(仕事終わり)
バリスタ
こう見ると混雑しない時間帯の方が少ないですね。

特に大学生であれば、「授業前の時間(7:00~9:00)」「学校が終わった後(16:00以降)」などでシフトに入れると採用されやすいでしょう。

また、混雑する曜日についてですが、以下のように分けられます。

  • ショッピングモールやデパートに併設されている店舗 → 土日
  • オフィスビルの近くにある店舗 → 平日

店舗によっては、曜日・時間帯に関わらず常にお客様が多い場所もありますので、そういった場合は、いかに多くシフトに入れるかが重視されます。

また、店舗ごとの募集要項には「募集している時間帯」が必ず記載されていますので、必ず目を通すようにしましょう。

シフト希望で嘘を伝えるのはNG!

よくあるのですが、面接に受かりたい気持ちが大きすぎて、「面接の場でシフト希望を盛ってしまった」「実際入れない時間帯なのに入れますと答えてしまった」という例です。

お店によってはシフトに入れる頻度を重視して、採用する人数を限定している場所も。

嘘をついて入社してしまうと、そのあと困るのは自分自身です。
シフトに入れる曜日・時間帯などを事前に考え、嘘偽りなく伝えるようにしましょう。

スタバの面接で不合格になる人

参考として、スタバの面接で不合格になる人の特徴も上げておきます。

詳しい内容を解説している記事もありますので、面接対策としてぜひチェックしてみてください。

  • 志望動機がありきたり
  • 熱意が伝わらない
  • 募集している時間帯/曜日に入れなそう
  • 清潔感がない
  • コミュニケーション力がない

詳しい内容は以下記事内「高校生じゃなくてもスタババイトが不採用!採用されない・ダメな理由は?」で解説しています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。
▶関連記事:スタババイトは高校生がダメな理由は?

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

スタバのバイトは「顔採用」?なぜ倍率が高いのか?

スタバのバイトで顔採用はないと判断しました。

スタバのバイトは倍率がかなり高いと言われており、バイトに受かった人の中には10倍以上の倍率を勝ち抜いたなんて人もいます。

バリスタ
他飲食店バイトの倍率と比べても桁違いの倍率ですね。

スタバのバイトはなぜこんなに人気なのでしょうか?

考えられる理由を3つピックアップしてみました。

  • スタバで働くことへの憧れ
  • 飲食店の中で最高峰と言われるブランド力
  • 就活で有利と言われているから

スタバで働くことへの憧れ

SNSなどでは「スタバで働くこと=ステータスの1種」ともいわれています。

また、スタバの店員さんから受ける接客は素晴らしいですよね。

  • 自分の好みに合わせておすすめのドリンクやフードを提案してくれた
  • ホルダーにメッセージを書いてくれた
  • 以前店舗を訪れた時のことを覚えててくれた

気さくながらも、しっかりこちらの好みを把握しておすすめを提案してくれるなど、他のカフェでは味わうことができないと思ってしまうくらいです。

先程述べたような素晴らしい接客を受けた経験から、「自分もスタバでバリスタとしてあんな風に働いてみたい」と憧れる学生の方が特に多くいます。

そのため、スタバで働ける年齢(ほとんどの店舗が進路が決まった18歳以上の高校生を応募要項に掲げています)になると皆さん1回は「スタバに応募した!」という方が増えます。

スタバの年齢制限(高校生が働けない理由)については以下記事を参考にしてください。
▶関連記事:スタババイトは高校生がダメな理由は?

学生
確かに、あのレベルの接客を受けると感激してしまいますよね。

飲食店の中で最高峰と言われるブランド力

  • 新作のフラペチーノ発売日は行列
  • 土日はいつ行っても人がたくさん訪れている
  • 福袋や限定グッズはすぐに売り切れてしまう など

スタバのブランド力は凄まじいです。

フラペチーノの新作が発表されるたび、X(旧:Twitter)ではトレンド入りするほどです。

スタバが新作発売するものは若い人を中心に多く手に取られ、その様子がSNSでシェアされています。

このように様々な人を虜にするスタバの高いブランド力から、「スタバで働きたい」と考える若者が増え、スタバで働くことが憧れになっています。

就活で有利と言われているから

スタバでバイトしていると身につく力は様々あります。

  • お客様や状況に応じて臨機応変に対応する力
  • 相手とコミュニケーションを取って商品を提案する力
  • 仕事に対する責任感や店舗運営にも携われる経験 など

接客スキルが最高峰と言われるスタバで働いていたと聞くと、「きっと接客が得意なんだろうな」「コミュニケーションスキルが高いに違いない」という印象を受ける人も多いのではないでしょうか。

実際他企業の人事を担当する人の中には、「スタバで働いていた学生はコミュニケーション力が高い」「スタバで働いていた経験がある学生は周囲への気遣いが素晴らしい」という印象を持っている人もいます。

スタバで働くことで身につく力や、他企業からのイメージもあり、「スタバで働いた経験=企業側から好印象を受けやすい」と考えられ、就活する中で強いエピソード・有利と言われるようになりました。

そのため、「スタバでアルバイトして、強いエピソードを作りたい」と考える学生が応募することもあります。

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

スタバのバイトが顔採用で決定されていると噂される理由

先ほどは、スタバに顔採用はないと解説しましたが、そもそもなぜ「スタバは顔採用をしている」と噂されるようになったのでしょうか?

ここでは、スタバに顔採用があると言われる理由について解説します。

  • 垢抜けている人が多いから
  • SNS上では顔採用がされていると噂されているから
  • キラキラしている人が多いから
  • 採用する人の好みが少なからず入っているはずだから

顔採用がないと言われるスタバで、「垢抜けている人が多い」「キラキラしている人が多い」のは、コミュニケーション力が高く、前向きな人が応募者に多いからと考えられます。

またスタバで働き続けるうちに、さらに自分に自信がついて、より、内面・外面が魅力的になってくるのでしょう。

垢抜けている人が多いから

スタバの店員さんって、垢抜けていて洗練されたイメージがありますよね。

中には「推し店員がいる」という方も...。

確かに、テキパキ仕事されていて、笑顔が素敵な方やエプロンがしっかり似合っている方が多いので、垢抜けて見えるのでしょう。

実際、スタババイトの面接を担当する方は「スタバのエプロンをして働いているイメージが湧くか」という観点から合否を判断する場合もあるそうです。

SNS上では顔採用がされていると噂されているから

スタバで働く店員さんについて、X(旧:Twitter)で様々な意見を集めてみました。

この他にも同じように「スタバに行くと容姿の良い人しかいない」「顔採用してるんかって思うほど美女とイケメンしかいなかった」といった意見がありました。

バリスタ
確かに垢抜けている人が多いと、「え?顔で採用決めているのかな?」と思う人が出てきてもおかしくありません。

このようなSNS上の声からも、「スタババイトは顔採用している」という噂が出たとも考えられます。

キラキラしている人が多いから

スタバの店員さんには以下のようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

  • 仕事ができる
  • スタイリッシュな方が多い
  • 私生活も充実してそう など

所謂、「キラキラして見える」という印象を持っている人が多いと思います。

確かに、忙しい時間帯にも笑顔を欠かさず、お客様一人ひとりにしっかり対応している姿を見ると憧れを抱いてしまいますよね。

後ほど解説しますが、スタバで働いている人達は、正社員・バイトにかかわらずしっかりと時間をかけて研修を受けています。

「スタバで働く人はキラキラして見える」というのは、スタバの研修制度をしっかり受けたプロとしての振る舞いが仕事に出ているからだと考えられます。

「スタバの店員さん」というフィルターが関係している?

スタバには以下のようなイメージを持っている人も多いはずです。

  • おしゃれ
  • 都会的

そのような場所で働いている人を見たら、少なからず「キラキラしている」という印象を持ってもおかしくありません。

「スタバというおしゃれな空間を提供してくれる店員さん」というフィルターが無意識のうちにかかっているのかもしれませんね。

学生
スタバフィルターがあると言えど、店員さん方の仕事の素晴らしさは変わりませんが。

採用する人の好みが少なからず入っているはずだから

同じ店舗を多く利用する方の中には、以下のような印象を抱く方もいるようです。

学生
ここのスタバの店員さん同じような雰囲気の方が多いな

実際バイトの採用を決める方は、店舗責任者や店長の場合が多いです。

バイトの合否を判断するのも人間ですので、採用の際に「店舗の雰囲気に合った人」を選ぶと似た雰囲気の方が集まる場合もあるでしょう。

スタババイトに合格する方には、一定の共通点があることは明らかですが、「その人が放つ雰囲気」が合否を判断する場合の加点になる場合もあると考えられます。

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

【入社してからも大変】「顔採用」はないけど...スタバのバイトは研修期間が凄いって本当?

先ほども少し解説しましたが、スタバで働く人の仕事クオリティはかなり高いです。

バリスタ
常連さんの顔や好みを覚えている店員さんもいます。

素敵なサービスをしてくれる店員さんばかりで、「スタバのファンになっちゃう!」という方も多いはずです。

店員さん全員が高いクオリティで仕事ができる理由は、スタバに入社した人全員が受ける「研修」にあります。

研修内容について詳しく見ていきましょう。

研修期間は約1ヶ月

まず驚くべきは研修の期間。

1ヶ月(約80時間)と聞くと、かなりみっちり研修をするんだなと思いますよね。

お客様から見ると、新人・ベテランは関係ないため、入ったばかりの時から高いクオリティでの仕事が求められます。

どの店員が対応してもお客様に気持ちよくご利用いただけるように、研修期間を1ヶ月と定めてキッチリ接客の基礎を身につけるのです。

研修期間は何をするの?

1ヶ月の期間、以下のような研修を受けます。

この研修が結構過酷なようです...。
特にアルバイトが初めての方は慣れないことばかりだと思いますが、憧れのバリスタになることを目指して頑張ってみてください。

座学

  • 企業理念
  • スタバの歴史
  • スタバで使われるコーヒー豆について
  • ドリンクの作成について

座学研修では、上記の内容を学びます。
基本的に「動画」を視聴し、トレーナーさんと一緒に研修を進めます。

1つ終わるごとにテストがあり、合格すれば先の研修内容に進めるようです。

バリスタ
テストがあるためしっかりメモを取りながら覚えていきましょう。

実技

  • 仕込み
  • レジや接客
  • ドリンク作成
  • 清掃

実技研修では、実際に店舗で働く際に必要な知識や技術を学びます。

仕込み

特に「仕込み」がきちんとできないと、いざ店頭に立った時にスムーズにドリンクが作れなくなり、店舗運営を滞らせてしまいます。

しっかり学び、不足しているものがないかどうかにも目を向けて行動しましょう。

レジ・接客

トレーナーさんが一緒にレジの扱い方や、接客のルールを指導してくれます。

お店の混雑が少ない時間帯に、少しづつ教えてもらい、実践を重ねる形式のようです。

初めは上手くいかないこともあると思いますが、実践を繰り返していくとより良い接客ができるようになります。

トレーナーさんからのFBはしっかりメモをとり、その日の反省に生かしましょう。

ドリンク作成

「ドリンク作成」では座学で学んだことをもとに進めていきます。

バリスタ
機械の扱い方や手順など、常にトレーナーさんがついて指導してくれるため安心です。

一通り販売しているドリンクを作成しながら、慣れていきます。

FBをいただけるため、次の研修時に同じFBをもらわないよう気を付けましょう。

清掃

ここでは店内清掃のやり方や、ドリンク作成時に使った器具・お客様が使ったカップなどの洗い方を学びます。

スタバでは「ウォッシャー」と呼ばれる機械で洗浄を行っているため、機械の扱い方などはしっかり覚えましょう。

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。

スタバのバイトは「顔採用」で決まらない!面接で聞かれたこと内容一覧

これまでスタバの顔採用についてや、研修について解説しました。

ここからは、スタバの面接で聞かれたことを一覧にまとめます。

これから面接に臨む方などは、面接対策が必要になると思いますので、ぜひ参考にしてください。

スタバでのバイトに関する質問

  • スタババイトを志望した理由
  • スタバの利用頻度
  • スタバの中で好きなメニュー(フード・ドリンク)
  • スタバを利用した中で嬉しかった接客などはあったか
  • 応募店舗を利用してみた印象
  • スタバのバイトを通して将来的にどうなりたいか
  • 自分がスタバでバイトする際にお客様にしたい接客
  • 店舗で働くとなった場合に必要な情報(通勤手段、通勤時間)
  • シフト希望(曜日/時間)
  • 長期連休などもシフトに入れるか

シフト希望については、スケジュールを整理しておき、いつなら入れそうなのかを必ず面接前にまとめておきましょう。

聞かれてから、シフトに入れそうな時間を考えるはNGです。
事前準備が必須と思っておきましょう。

自分自身に関する質問

  • これまでのアルバイト経験
  • 長所
  • 短所
  • 学校について(部活・サークル・専攻など)
  • 趣味
  • 最近嬉しかった/感動したこと
  • 周囲からどんな人と言われるか
  • 今まで人間関係で失敗したことはあるか

調べてみると、応募時に提出した志望動機についての深掘りがあったという人もいました。

バリスタ
志望動機に何書いたっけ...。とならないように注意しましょう。

スタバは「バイトル」から申し込めます。

バイトルは、各店舗ごとの年齢層や雰囲気をバロメーターで確認できます。応募前に職場で働くイメージができますよ。

求人数は54万件以上とトップクラスですが、検索機能が優秀なので求人を探しやすいです。効率よくバイトを探すなら「バイトル」のアプリはダウンロードしておきましょう。