佐川急便で業務委託の軽四ドライバーを始めてみようと思うけど、「なんだかきつそう」というイメージがあります。独立したはいいものの、きつすぎて続かなかったら後悔しますよね。

この記事では、佐川急便の配達業務がきついと言われている理由とその対処法について紹介します。

また、「絶対にやめた方がいい人の特徴」も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

佐川急便の業務委託ドライバーがきついと言われる8つの理由

佐川急便の軽四ドライバーがきついと言われる理由を8つ紹介します。

1.体力的にきつい

佐川急便は以下2つの側面のきつい部分があります。

  • 勤務形態
  • 勤務内容

【勤務形態】

佐川急便の業務委託ドライバーは、8時から19時過ぎまで配達を行います。

自分のペースで働くことができる軽貨物運送事業ですが、佐川急便の場合、週5~6日勤務が一般的なので休みが少ないです。土日・祝日は平日よりも荷物が多いため、休みにくいのが嫌という方もいるでしょう。

【勤務内容】

配達業務では、団地の階段を駆け上がったり、住宅街やマンションを歩き回ることも多いです。

また、夏場の暑さ、冬場の寒さ、雨など天候で体力が消耗することもあります。

雨天時は、雨具を着用して配達したり、荷物を濡らさない配慮が必要です。

2.突然収入がなくなる可能性がある

以下の理由で契約解除に繋がり、収入がなくなる可能性があります。

  • 営業所で取り扱う荷物がなくなる
  • 実力不足で荷物を配り切れない
  • ケガ・病気で働けなくなる
  • 免許停止で働けなくなる

これらが気になってしまう精神的なつらさがあるでしょう。

突然の契約解除に備えて、個人事業主でも「労災保険」「所得補償保険」を受けられる軽貨物ユニオンに加入すると安心です。

→軽貨物ユニオン公式サイト

3.配達単価が低い・手数料が高い運送会社に所属している

佐川急便で配達業務を行うには、佐川急便のパートナー企業である運送会社と契約する必要があります。

多くの運送会社は個数単価制を採用しており、1件の配達完了につき報酬が支払われます。また、教育費用・仲介料として、報酬から一定割合の手数料が引かれることが一般的です。

ドライバーの中には、配達単価が低すぎたり、運送会社に支払う手数料が高すぎるため、満足する収入を得ていない人もいます。

一般的な配達単価・手数料は以下の通りです。

配達単価130円~180円
手数料・ロイヤリティ10%~15%

以下は、単価160円と130円で、1日150個配達したときの報酬の比較です。

1日1カ月(22日)
160円の場合160円×150個=24,000円19,200円×22日=528,000円
130円の場合130円×150個=19,500円15,600円×22日=429,000円
差額4,500円99,000円

単価160円と130円では、報酬が1日に4,500円の差。月にすると99,000円です。

高い報酬を得るためには、どの運送会社に所属するのか調査する必要があります。

また、不透明な名目で手数料を取られているケースもあるので、売上から引かれるものは全て確認しておきましょう。

なお、手数料が高いからといって、必ずしも悪質というわけではありません。

ガソリン代、タイヤ交換の肩代わり。当日欠勤時の代走者手配。スタック、脱輪時のサポートに力を入れている会社もあります。

4.担当エリアの地理に詳しくなる必要がある

効率よく荷物を配達するためには、運転時にカーナビは使用しません。

そのため、担当する配達エリアの特徴や配達先の場所を把握しておく必要があります。

最初は地図を見ないと目的地にたどり着けず、スムーズな配送ができないので、なかなか稼げないところが辛いです。

5.確定申告が必要

個人事業主となるため、確定申告が必要になります。

宅配業務とは別に、売上と経費の帳簿付けをしないといけないのが、面倒と感じる方も多いです。

帰宅した後の消耗した状態や休日返上で事務作業に時間を当てないといけないのが辛いところですね。

6.荷積みに2時間かかる

住所を見て配達を行う順番や時間指定を考慮して、荷物の積み込みを行わなければなりません。

100個以上の荷物を積みこむので、荷室は山積みになります。下に埋もれた荷物を探すことは不可能ですので、荷積みの方法が重要になってきます。

しかし、宅配初心者は、住所や時間指定を考慮して荷積みを行うと2時間以上かかります。

荷積みの時間は報酬に含まれませんので、とても割に合った仕事ではありません。

7.仕分け作業をさせられる

営業所によっては、配達する荷物が仕分けされていないケースもあります。荷積みを行う前に、自分の配達ルートの荷物を数千個の荷物から探さないといけないので、かなりのロスになります。

仕分け作業は、業務内容に含まれていないので、実態は偽装請負になっています。

しかし、人手不足で放置されている問題です。

仕分けを行っていると、時給1,000円を下回ってしまうので、何のためにリスクを負って個人事業主ドライバーになったのかわかりません。

8.上司の当たりはずれがある

営業所によってはいびり散らす係長がいるそうです。

Yahoo!知恵袋を見ると、以下のような投稿と回答が見られました。

Yahoo!知恵袋の質問

佐川急便でサポーターの仕事をしました、 係長が少しおかしい方で、無理なことを言ったり、委託先の会社に、何もして無く、ドライバーと仲良くやっているのに、あいつは使えないとか苦情を入れたりやりたい放題です。 また、その上の課長に相談したところ、 だからなんだよ、何が言いてぇんだよとの言葉、 代わりはいくらでもいるんだよとでも言いたそうな顔して偉そうに話す。 この営業所、他の営業所から下請けを紹介されても、すぐにダメにしてしまう営業所だそうです。 ミスを犯さず、佐川さんの一番大切にしている採算 も合うように仕事しているのですが。 なぜでしょうか?

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋の回答

佐川の係長クラスは当たり外れ激しいからね くそみたいなやつが係長なパターンがたくさんある 主任も当たり外れあるしね… 正直、営業所自体、当たり外れあるから何ともいえん

Yahoo!知恵袋

うちの営業所はまだマトモだけど、係長が一人だけ、威張り散らすのが好きなボンクラが居るのがネックかな(自分がその係なのでハズレ引いたんですけどね) 当然のごとく、その係長の元にいるドライバーが離職率が高いため、常にドライバーが入れ替わる 他の係は係長が有能なので、ベテラン揃いなので安定してる

Yahoo!知恵袋

このような上司がいる営業所は、ドライバーの入り代わりが激しいようです。

営業所に配属される前に、面談や研修時に営業所の雰囲気やドライバーの離職率を聞いておきましょう。

転職予定の方は、必ず転職エージェントを活用しましょう。

透明性が求められる時代なので、年間休日数・平均残業・年収など全て開示されています。そして、あなたの代わりにエージェントが聞いてきてくれます。

決して一人で転職活動をせず、企業の内部事情や噂を知っているエージェントに頼りましょう。

【無料】ブラック企業の掲載はありません

きついだけではない!佐川急便の8つのやりがいと魅力

佐川急便の業務委託ドライバーはきついだけではありません。やりがいと魅力もあります。

1.未経験かつ資金がなくても始められる

佐川急便の業務委託ドライバーになるために、学歴や宅配経験は必要ありません。

軽貨物車両と運転免許さえあれば誰でも開業できます。

佐川急便で働くためには運送会社と契約する必要がありますが、運送会社に所属しているドライバーから横乗り研修を受けられるので未経験でも安心して働くことができます。

また、定年もないので60歳以上の方でも長く働くことができます。

2.荷物を運ぶほど稼げる

多くの運送会社が個数単価制を導入しており、荷物を運んだ分だけ収入が増えます。

佐川急便の業務委託ドライバーには月80万円以上の売上を出している方も多数います。

最初は業務内容を覚えたり、配送ルートを組むのに苦戦することもあると思います。しかし、配達エリアは固定されるので、慣れれば効率的に稼げるようになりますよ。

3.経費にできるから会社員よりも節税できる

車両購入費、ガソリン代、駐車場代、備品購入費が経費になります。そのほか、家賃、スマホ代、情報交換の食事代など、直接使用したものでなくとも、事業関連性・妥当性があれば経費として認められます。

参考:国税庁 やさしい必要経費の知識

また、「青色申告控除」により65万円分の控除が受けられるので、支払う所得税、住民税をより抑えることができます。納税額が少ない分、同じ所得の会社員よりも手取りは多くなります。

下記の画像のように、1年間に使用した経費が150万円だとすると、会社員と比べて年間10万円以上の節税効果があります。

4.人間関係によるストレスがない

佐川急便の業務委託ドライバーは、1日のほとんどを一人で過ごします。

業務委託のドライバーとして働くので上司や部下の軋轢に悩まされることがなく、業務に集中することができます。

最低限の挨拶やルールの順守は必要ですが、人間関係に煩わされたくない方に向いていますよ。

5.軽い荷物が多いので女性や高齢者でも安心

軽自動車を使った配達なので、扱う荷物のほとんどが片手で持てるほどの重さです。

佐川急便では、女性や60代の他、介護や引っ越し業務で腰を痛めてしまった経験がある方も働いています。

1件1件の配達先は短いので、長時間運転による疲労は少ないですよ。

6.業界は右肩上がり

インターネットで商品を購入する人が増えているので、軽貨物運送事業の需要は年々増えています。

国土交通省によると令和2年の宅配便取扱個数は、10年間で50%増の4億8千個になり、増加傾向にあります。

そのうち佐川急便は、1億4千個取り扱っており、国内シェア率は第2位の28%です。

軽貨物運送業の仕事がなくなる可能性や佐川急便で扱う荷物がなくなる可能性は低いので、契約解除されてしまう心配はいりません。

また、佐川急便で取り扱う小型の荷物は、業務委託ドライバーに任されています。

企業向けの荷物や大型の荷物は、社員のドライバーが配達するという風に棲み分けがされているので、荷物が減ったからと言って契約解除されることはないでしょう。

7.軽貨物の実力がつく

宅配業務は、軽貨物の基本の仕事と言われているので、宅配ができるようになれば、企業配送やスポット便などの業務を楽にこなせるようになります。

また、フードデリバリーやアマゾンフレックスといったギグワークもぬるま湯に感じるくらい実力がつくので、これから軽貨物業界で働く第一歩として佐川急便の配達を選ぶのは間違っていません。

8.お客様から感謝される

お客様から直接感謝の言葉を貰えるのは、サービス業でも数少ないです。

お客様と接したときに、「ありがとう」や「ご苦労様」と言ってもらえることがありますが、その一言で苦労が報われる人も少なくありません。

コーヒーやお茶をもらった日には、感極まって涙を流してしまいます。

佐川急便の業務委託ドライバーに応募してはいけない人の特徴5つ

佐川急便で働いた方の中には、後悔された方もいます。

ここからは、絶対に応募しない方がいい人の特徴を紹介します。

1.自分のペースで働きたい人

佐川急便の業務委託ドライバーは、基本的に、長時間拘束・週5日以上の勤務になります。働く日程や時間を自由に選ぶことはできません。

しかし、出来高制で多くの荷物を配達することができるので、とにかく稼ぎたい人に向いています。

月50万円以上は稼げないけど、「家族との時間を大切にしたい」「1日中拘束されるのは嫌だ」「働く時間や日程を自由に選びたい」という方は、アマゾンフレックスが向いています。

アマゾンフレックスについては、下記の記事でも解説しているので参考にしてみてください。

■関連記事:アマゾンフレックスの評判!業務委託Amazon配達員の口コミ

2.未経験で初月から高い報酬を得たい人

宅配未経験は、初月から高い報酬を得ることはできません。

個数単価制なので、配達した荷物が少ないと報酬が得られないからです。

1日に100個以上の荷物を配り切れるようになるまでは、1カ月以上かかります。

初月から高い報酬を得たいのであれば、働く時間で報酬が確定するアマゾンフレックスと業務終了後に稼働できるフードデリバリーに取り組みましょう。

3.単純作業だと思っている人

軽自動車を使って荷物を届けるシンプルな業務内容ですが、単純作業だと思っていたら確実に挫折します。

車の中で荷物を探していたり、配送ルートに無駄があると時間内に荷物を配りきることができません。

荷物をすぐに取り出せるように荷積みを工夫したり、より多くの荷物を配達できるように配達エリアの特徴を学んだり、お客様の在宅状況に合わせてルートを組むこともあります。

4.体を動かすのが嫌いな人

1件1件の配達先が短いので、長時間連続した運転にはなりません。

しかし、何度も車と配達先を往復したり、団地の階段を駆け上がることもあります。体力や運転スキルが必要なわけではありませんが、体を動かすことが嫌いな人には向いていないでしょう。

5.体調管理ができない人

1日中運転する仕事なので、交通事故のリスクが高いです。

ですので、寝不足や体調不良で大事故に発展する可能性があります。

また、運転が得意でも、頻繁にイライラする方は止めておきましょう。スピードの出し過ぎで交通事故を起こしたり、荷崩れを起こして荷物の破損につながります。

メンタルヘルスも含め、体調管理が大切です。

佐川急便の業務委託ドライバーがきついと感じた時の6つの対処法

佐川急便の配達業務や報酬に悩みがあるのなら、以下の対処法を試してみてください。

1.ドライバーに相談する

組織に縛られずに働けることが業務委託の良いところですが、ずっと一人では心細いときもあると思います。

佐川急便では、同じ立場の業務委託ドライバーが働いています。

そこで、配達のノウハウを教えてもらうなどの情報交換をしたり、仕事の愚痴を話すことで気分転換になることもあるでしょう。

2.運送会社に相談する

仕事がきついときは、以下のような調整を行ってもらいましょう。

  • 自分に合った荷物量に調整
  • 稼ぎやすい配達エリアに転換

荷物が多すぎて配達できない、荷物が少ないから稼げないという場合には、荷物量を変えてもらうことができます。

配達範囲が広い・営業所から配達エリアまで遠い・在宅率が低いといった理由で、効率よく配達できない場合には、配達エリアの変更をお願いしてみましょう。

3.所属する運送会社を変える

所属する運送会社を変えることで、不満が以下のように改善することができます。

  • 拘束時間が短くなる
  • 稼働日数を増やせるor減らせる
  • 配達単価・手数料が改善する
  • 急な休みにも対応してくれる

全ての運送会社が週5日~週6日勤務というわけではなく、中には週3日から募集している会社もあります。

運送会社に相談しても改善されない場合は、所属する運送会社を変えてしまいましょう。

なお、自分のペースで働きたい人には、「アマゾンフレックス」「ピックゴー」「Uber Eats」「出前館」といったサービスもあります。同じ軽貨物ドライバーもこのようなサービスに登録してスキマ時間で稼いでいますよ。

4.他の配送業務に変える

軽貨物運送事業には、宅配便だけではなく、ルート配送、企業配送、ネットスーパーなど様々な職種があります。所属している運送会社に、このような案件がないか聞いてみましょう。

場合によっては、運送会社を変える必要がありますが、求めるライフスタイルに合わせて選択するのも一つの手です。

5.転職する

「肉体労働がきつい」、「運転が怖くなった」など体力的にも精神的にもしんどくなってしまった方は、別業種に転職してしまうのも一つの手です。

転職サイトを利用して転職先を探すと思いますが、一人一人に担当者がつく「転職エージェント」の方が失敗しにくいです。

なぜなら、転職エージェントは「その人にあった職種」「会社の離職率や年間休日」「会社への交渉」といったことを担当者が全部やってくれます。

6.確定申告や記帳を代行する

1日中仕事をしていたら、売上と経費を記帳する余裕がない方もいると思います。

そんな方は、帳簿作成と確定申告を税理士に丸投げされてはいかがでしょうか。

税理士に依頼すると高額な費用がかかるイメージがありますが、月額10,000円ほどで丸投げできてしまいます。

先延ばしにしていた事務作業、脱税や税務調査の不安が解消されるので、より一層本業に集中できるようになりますよ。

>>税理士ドットコムで記帳代行の相談をする

やっぱりきつい!佐川急便や現職を円満退職!

現在の会社を辞めて佐川急便の業務委託ドライバーになりたい人、または、佐川急便の業務委託ドライバーを辞めたい人もいると思います。

退職を申し出は勇気のいることですよね。

退職理由は、下記から選ぶといいでしょう。

  • 新しいことにチャレンジしたい
  • 経験を積みたい
  • もっと良い待遇に会社を探したい
  • 親の介護がある
  • 引っ越しする
円満退職の方法
  • 1カ月前に退職を伝える
  • 後腐れないように引継ぎはしっかりする
  • 会社の悪口を言わないようにする

1カ月も待てない!今すぐ辞めたい!

退職を言い出せなくて現状に苦しんでいる方は、退職代行を利用しましょう。

今すぐ辞められるので、明日から会社に行く必要はありません。

完全報酬型!料金の支払いは辞めた後でOK!

累計7,000件以上の実績

佐川急便の業務委託ドライバーはきつい部分もあるが高報酬!資金を貯めたい人におすすめ

佐川急便の業務委託ドライバーは、長時間拘束で休みにくいし、きつい仕事というイメージがあります。確かに楽な仕事ではありません。

それでも応募者が絶えないのは、未経験でも圧倒的に稼げるからです。つらいこともありますが、やりがいを持って働くことができる佐川急便の業務委託ドライバー。

宅配ができれば、スポット便、企業配、ネットスーパーなど、あらゆる業務に応用が利きます。スキルアップの為にも佐川急便で軽貨物事業を始めるあなたの選択は間違っていませんよ。

軽貨物マッチングアプリ特徴リンク


アマゾンフレックス
■高時給
日給制。時給換算2,000円~3,000円程度。配達アプリのルートに従って運転するので未経験でも簡単。置き配・ポスト投函が9割なので配達が楽。
公式

詳細
出前館,配達員,業務委託

出前館
■いま最も稼げるフードデリバリー
1件配達550円。最大2,310円の報酬
月間100万を達成した配達員もいる。アマフレの予行練習になる。
公式

詳細

Uber Eats
■注文件数No.1
1件配達550円前後。利用者数が多いので注文が途切れにくい。配達アプリのUIが直感的でわかりやすい。アマフレの予行練習になる。

公式

詳細

Pick Go
■スポット・チャーターの案件多数
荷主とドライバーを結ぶマッチングプラットフォーム
。軽貨物業界No.1のシェア。日給制のフードデリバリーもアリ。
公式

詳細
コメント一覧
  1. 俺だよ、松本 より:

    仕事やそんなものより、佐川の上司が馬鹿過ぎて委託が疲れる。

  2. 柳川竜二 より:

    佐川現役サポーターです委託協力会社に入社しました
    現在半年が過ぎてますがまだ研修期間の日当で100個以上配ってます
    ミスをして個数制限掛けられ日に30個に制限され日当6千円です
    時給470円くらいです、改善を求めても会社社長は抵抗するでもなく
    それが佐川からの答えですと言います
    仕方が無いので辞めるしか有りません残念ですがこんな事が行われています
    みなさん委託で入る位なら覚悟はしてるでしょうけどコース、担当のドライバー
    主任の人柄で大きく変わるので運も有りますが大抵は新人にはきついコースで
    ドライバーもデカ宅や水や米、貴重品など平気で渡して来ますが
    断りましょう。配り切れない量を持たされます皆さん気をつけて喧嘩する位の
    気持ちで丁度いいです

コメントを残す

CAPTCHA