軽貨物運送業の経費の大半は、車両の維持費です。
ですので、これから宅配や軽貨物を始めようと考えている方は、車両の維持メンテナンスにいくらかかっているのか把握しておく必要があります。

この記事では、軽貨物車の維持費は1年間でいくらかかるのか解説しています。

黒ナンバーの軽貨物車の維持費

ガソリン代

1ヶ月のガソリン代=ガソリン代×走行距離÷車両の燃費
150円×2,000km÷15km=20,000円

駐車場代

地方〜5,000円
都心部〜20,000円〜
自宅に駐車場がある方は0円ですみますが、アパート・マンション済みの方は、新たに駐車場を契約する必要があります。

整備・メンテナンス費用

整備代やメンテナンス代も日々安全に仕事をするためには、必須な項目になります。

エンジンオイル

5,000kmに1回交換します。
費用は3,000円程度。

タイヤ交換

4本で15,000円程度。
タイヤの溝がなくなったら交換になります。

目安としては、大体30,000km前後になるので、1年に1回は交換した方がいいでしょう。

ブレーキパッド

ブレーキの使用頻度によってす交換ペースが異なります。
高速道路を多く走行している車は走行距離のわりにブレーキパッドの減りが遅い。
下り坂や細い路地を多く走る車はブレーキを多用する機会が多いのでブレーキパッドが早く減る。
費用は、7,000円程度です。

車検

黒ナンバーの軽貨物車は、新車登録から2年後に車検があります。
2回目以降は、黄色ナンバーと変わらず2年毎ごとの車検になります。
費用は50,000円程度です。

保険

軽貨物を始めるうえで、加入する保険が2つあります。

任意保険料

1年目1,5000円〜20,000円
2年目以降、8,000円〜10,000円
任意保険なので、加入は必須ではありません。

しかし、ほとんどの委託先が任意保険の加入を義務付けています。

貨物保険

荷物の破損や紛失、水濡れが起こった際に、損害を保証してもらえる保険です。
15,000円〜30,000万円
貨物保険の加入が必須になっている元請けが多いですが、ギグワークの「アマゾンフレックス」や「ピックゴー」は、プラットフォーム側が荷物の保証をしているので、貨物保険に加入しなくても登録することができます。

自動車税

年間3,800円程度です。
5ナンバーの軽自動車だと、年間10,800円もするので税金が安いです。

黒ナンバーの軽貨物車の年間維持費

軽貨物車の年間維持費は、最低でも30万円以上はかかります。(ガソリン代含む)
会社員とは違って車両代やメンテナンス費用を自分で工面する必要があります。
車検やタイヤ交換といった数ヶ月〜数年に1度発生する費用もあるので、報酬が発生したら必ず将来かかる費用分を貯金しておきましょう。

初期費用を抑えて黒ナンバーの軽貨物車を手に入れよう

初期費用を抑えて軽貨物車を手に入れたい方は、頭金と初期費用が0円の「軽バンリース」を選びましょう。

軽バンリース会社のGMSリースでは、初期費用や頭金も0円なので、まとまった資金がない方でも軽貨物車両を手に入れることができますよ。

また、黒ナンバー取得に必要な手続きを全て無料で代行してくれます。

購入と違って減価償却と家事按分※をしなくてもいいので、税金もお得になりますよ。

黒ナンバーの軽バンを手に入れて、時間とお金に余裕のある軽貨物業界で働きましょう!

\黒ナンバーの取得代行0円!/

GMSリースの在庫と料金を見てみる

フリーターや借入のある方でもリースできた実績があります

コロナの影響で半導体の供給不足に陥り、自動車の仕入れができない状態になっています。

在庫がひっ迫している状況ですので、今すぐ軽バンを入手したい方は在庫があるか確認しておきましょう。

※プライベートと業務で使用した分を分けて経費計上すること

コメントを残す