レンタルやリースをした軽貨物車両で、宅配や配送を行うと法律で罰せられるでは?と不安になりますよね。

結論からいって、レンタカーを使用したとしても違法にはなりませんので安心してください。

この記事では、違法にならない理由とレンタカーを委託会社に登録する際の注意点について解説しています。

黒ナンバーのレンタカーを使用しても違法にはならない

貨物自動車運送事業法には、レンタルやリースした黒ナンバー車両の使用禁止や罰則についての記述はありません。

レンタルやリースした車両であっても問題なく使用することができます。

ただし、委託会社によっては、許可なくレンタカーや代車を使用することを禁止している場合もあるので、利用する際は確認しておきましょう。

(アマゾンフレックスでは、車両使用時にサポートセンターやスタッフに連絡する必要はありません)

委託会社に登録する際はレンタカーは不可

赤帽やアマゾンフレックスといった委託会社に所属する際は、「使用者」がご自身になっている車検証を提出することが義務付けられているので、一時的にレンタルした車両や代車では登録することができません。

初回登録時は、購入もしくはリースした車両を用意しましょう。

これから車両を用意する方はリースを選ぼう

黒ナンバーの軽貨物車はリースでも委託会社に登録することができます。

車検証の「使用者」がご自身になっていれば、車両の所有者がリース会社であっても委託会社で働くことができます。

車検証の「使用者」がご自身になるGMSリースでは、頭金と初期費用が0円で軽貨物車両を利用することができます。

資金がなくても、高い報酬を得られる軽貨物業界で働けますよ。

また、無料で黒ナンバーの取得を代行してくれるので、忙しい方や手続きが分からない方でも安心です。

費用を抑えるために、安い軽貨物車両を購入される方がいますが、納車から1年以内に故障し、修理代金だけで数十万円もかかったというケースが後を絶ちません。

GMSリースでは、事故歴なしの内装備品者のみ扱っているので故障の心配はありませんよ。

万が一の故障があった場合は、GMSリースが修理費用を補填してくれます。※利用者に過失がない場合

また、購入と違って減価償却がないので確定申告も楽になり、全額経費計上できるので節税にもなります。

購入にはないメリットが多いGMSリースで軽バンを入手して、仕事と休みを自由に調整できる軽貨物業界で今すぐお仕事を始めましょう。

車両リースでも委託会社に登録可能

⇒GMSリースの在庫と料金を見てみる

黒ナンバーの取得代行0円

コロナの影響で半導体の供給不足に陥り、自動車の仕入れができない状態になっています。

在庫がひっ迫している状況ですので、今すぐ軽バンを入手したい方は在庫があるか確認しておきましょう。

コメントを残す