好きな日程と時間に自分のペースで稼げると話題のアマゾンフレックス。

実際に始めてみたいけど、報酬や労働環境はどうなっているのか気になるところですよね。

この記事では、アマゾンフレックスで働いている人のTwitter(ツイッター)の投稿を集めてみましたので、登録しようか迷っている方は参考にしてみてください。

アマゾンフレックス初心者のTwitterの投稿

アマゾンフレックスを始めて間もないドライバーの投稿を集めました。

どんな感想なのか見ていきましょう。

宅配未経験でも、無事配達できたようです。

最初の10回はナーサリー期間といって荷物量が少なく、未配を出してもアカウントに影響はありません。

この期間にアプリ操作や配達方法について覚えていきましょう。

荷物量に関してのTwitterの投稿

アマゾンフレックスで配達する荷物の量はどのくらいなのでしょうか。

ドライバーの投稿を見ていきましょう。

荷物量の平均は8時間で127個前後

4時間稼働の場合の平均は29個前後

住宅街やタワーマンション、田園都市など、配達エリアや配達距離によって荷物の数は前後しますが、おおむねTwitterの投稿通りになります。

配達はほとんどが置き配

Amazonの荷物はデフォルトで置き配になっているので、配達する荷物の90%以上が置き配です。

ただし、オートロックマンションの場合は、玄関前に届けなければいけないので、エントランスに放置するのは止めましょう。

荷物が少ない日もある

集荷時に渡された荷物が少なかったとしても報酬が減額されることはありません。

報酬はそのままで、早く帰宅することができます。

全ての荷物を配り切れると直帰できる

アマゾンフレックスでは、荷物を全て配り切れたら直帰できるので、ステーションに戻る必要はありません。

集荷時に借りた備品があれば、次回に返却すれば大丈夫です。

レスキュー枠があり、待機だけで仕事が終わることもある

レスキュー枠といって、未配を出しそうなドライバーを手伝うために待機するとき場合もあります。

実際には、待機だけで仕事が終了することも多々あるようでした。

実際の配達に関してのTwitterの投稿

実際にどのように配達を行っているのか見ていきましょう。

まずはステーションに向かう

勤務日になったら、オファーを取得したステーションに向かい、チェックインと荷物の集荷をします。

初回稼働日の方は、スタッフに声をかけると丁寧に教えてくれます。

配達先への移動はAmazon配達アプリのピンを目指す

配達先へ移動するときは、Amazon配達アプリに表示されるピンを目指して運転するだけです。

配達ルートは自動で組み込まれているので、土地勘がない方でも安心です。

報酬に関してのTwitterの投稿

アマゾンフレックスで働いたら一体いくら貰えるのか気になるところです。

ドライバーの投稿から、実際の報酬を見ていきましょう。

時給2,000円前後!

アマゾンフレックスでは、約2,000円の報酬を受け取っています。

未経験でできる仕事としては、かなり高い方ではないでしょうか。

割増オファーもある

荷物が多かったり、雨天時でドライバー不足しているときなどは、通常の1.3倍~1.5倍の報酬が得られることもあります。

報酬は水曜日に振り込まれる

アマゾンフレックスの報酬は、毎週水曜日に振り込まれます。

アルバイトや会社員は、月1回の給料日が普通なので、これは嬉しいですよね。

オファーに関してのTwitterの投稿

アマゾンフレックスを始めてみたはいいけど、仕事がなかったら困ってしまいますよね。

ここでは、ドライバーが実際にオファーを取得できているか確認していきましょう。

https://twitter.com/mk00191/status/1416927772648243200

半年以上働いている人が多い

アマゾンフレックスは2019年に始まったばかりのサービスですが、半年~1年以上続けているドライバーが多くいます。

オファーが取れなくて仕事ができないという投稿は見当たりませんでした。

契約解除に関してのTwitterの投稿

ここではアマゾンフレックスの契約解除に関する投稿や、契約解除の一歩手前と言われているアカウント停止について見ていきましょう。

アカウント停止になるとオファーの取得ができなくなります。

未配や誤配、お客様からのクレームが続くと契約解除になり、仕事ができなくなります。

上記以外にも、時間指定の無視や当日欠勤なども原因としてあるので注意が必要です。

すぐに契約解除になるわけではない

宅配未経験だと、荷物を配りきれなかったり、時間指定に間に合わなかったりする不安もありますが、高頻度で繰り返さない限り契約解除になることはありません。

ただし、配達に慣れるまでは同じステーションでオファーを取得し、配達エリアに慣れた方が良いです。

アマゾンフレックスで働いている人の感想

人と会話せずに仕事ができる

アマゾンフレックスで人と接する機会は、ステーションスタッフでの挨拶やお客様とのやり取りだけです。

コミュニティを作るのが嫌な方は、アマゾンフレックスに向いています。

慣れると楽しい

配達に慣れてくると、1時間に配達できる件数が増えたり、行ったことのない物件を探したりと、ゲーム感覚で楽しめるようになる方もいました。

副業についてのTwitterの投稿

アマゾンフレックスを副業でされている方の投稿について見てきましょう。

アマゾンフレックスは、3時間~4時間だけ働くことも出来るので、大学や夜間学校に通っている方、他に本業がある方でも並行して働くことができます。

アマゾンフレックスのTwitterの投稿まとめ!

Twitterの投稿を見ている限り、宅配未経験でも問題なく働けていました。

実際の配達はAmazonの配達アプリに表示されるルート通りに運転するだけなので、運転が苦手な方や土地勘がない方でも安心して働くことができます。

報酬は1時間あたり2,000円前後で、3時間から働くこともできるので、副業でも取り組むことができます。

Amazonで取り扱う荷物は、こらからも増え続ける見込みです。

ですので、アマゾンフレックスの仕事がなくなることはありません。

実際に継続して仕事がもらえるのかという問題は、各ステーションごとに募集ドライバーの定員があるので、まったく仕事に入れないということはありません。

だからこそ、募集が締め切られる前にアマゾンフレックスに登録していきましょう!

黒ナンバーの軽貨物車を探している方へ

アマゾンフレックスに登録するためには、黒ナンバーの軽貨物車両が必要になります。

GMSリースでは、黒ナンバー取得に必要な手続きを全て無料で代行してくれます。

また、初期費用や頭金も0円なので、まとまった資金がない方でも軽貨物車両を手にれ入れることができますよ。

\黒ナンバーの取得代行0円!/

GMSリースの在庫と料金を見てみる

コメントを残す