アンドロイド(android)のスマートフォンをお持ちの方が、アマゾンフレックスのアプリをダウンロードをする方法を解説します。

スマホ操作に不慣れな方でも、本記事を見るだけで簡単に登録できますよ。

アンドロイドスマホで「アマゾンフレックスアプリ」をダウンロードする方法

アマゾンフレックスのアプリをダウンロードする手順は以下の通りです。

アプリをダウンロードする手順
  1. 公式サイトからアプリをダウンロード
  2. 提供元不明アプリの許可設定を「オン」にする
  3. 必要なすべてのアクセスを許可する

1. 公式サイトからアプリをダウンロード

アマゾンフレックスに公式サイトにアクセスします。

>>公式サイトはこちら

アマゾンフレックス(amazon flex)アンドロイドandroidアプリ

公式サイトの下にスクロールすると、「アプリダウンロード」と書かれた部分があるのでタップします。

アマゾンフレックス(amazon flex)アンドロイドandroidアプリ

「この種類のファイルはお使いのデバイスに悪影響を与える可能性があります。」の表示が出ていますが、OKをタップしてかまいません。

2. 提供元不明アプリの許可設定を「オン」にする

アプリのダウンロードが完了した後は、インストールを行います。

アマゾンフレックスのアプリは、Googleの提供するアプリストア以外から入手するため、「提供元不明アプリ」の許可しなければインストールすることができません。

提供元不明のアプリとは?

GoogleのPlayストアや端末の公式ストア以外からダウンロードするアプリは、「提供元不明のアプリ」と呼ばれています。

Playストアや公式ストアを経由せずにアプリをダウンロードするには、提供不明アプリの設定を許可する必要があります。

「生体認証とセキュリティ」を開く

アマゾンフレックス(amazon flex)アンドロイドandroidアプリ

アンドロイドスマホの設定画面を開き、「生体認証とセキュリティ」をタップします。

「不明なアプリをインストール」をタップする

アマゾンフレックス(amazon flex)アンドロイドandroidアプリ

「不明なアプリをインストール」をタップします。

「この提供元を許可」にチェックをいれる

アマゾンフレックス(amazon flex)アンドロイドandroidアプリ

「この提供元を許可」をタップすると、上の画像のようにチェックマークが青色になります。

アプリをインストールする

アマゾンフレックス(amazon flex)アンドロイドandroidアプリ

再びアマゾンフレックスの公式サイトに戻り、アプリをインストールします。

3.必要なすべてのアクセスを許可する

無事にアプリのダウンロード&インストールが完了したら、アプリで表示される以下の要求を許可します。

  • 現在の場所(GPS)
  • プッシュ通知
  • カメラアクセス

これでアマゾンフレックスのアプリを利用することができるようになります。

補足情報

現在の場所(GPS)とは?

アマゾンフレックスでは、GPSを使用して配達を行うので、配達ルートに困ることはありません。

また、拠点スタッフとサポートセンターが現在位置を確認できるので、困ったことがあればすぐにサポートを受けられます。

業務中以外は、現在地を特定されませんのでご安心ください。

プッシュ通知とは?

プッシュ通知は、新しいオファーが追加されたり、報酬が割増になった場合に通知があります。

カメラアクセスとは?

カメラアクセスについては、置き配時に写真撮影をするために使用します。

撮影した写真は、自分のスマホに保存されることはありません。

アマゾンフレックスに参加するための条件

アマゾンフレックスのアプリは誰でもダウンロードすることができます。

実際に参加するためには、以下の条件を満たす必要があります。

アマフレの参加条件
  • 20歳以上であること
  • 黒ナンバーの軽バンを持っていること(リース、レンタル可)
  • スマートフォンを持っていること

アマゾンフレックスに登録するために必要書類

アマゾンフレックスのアプリをダウンロードした後は、アプリから個人情報の入力と必要書類の提出を行います。

必要書類とは、以下の7点です。

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証
  • 自動車任意保険証
  • 貨物軽自動車運送事業経営届出書
  • 車検証
  • 銀行口座

上記書類の中で、最も入手が難しい「貨物軽自動車運送事業経営届出書」について解説します。

貨物軽自動車運送事業経営届出書は、所有している軽バンを黒ナンバー(事業用ナンバー)にする時に記入する書類です。

貨物軽自動車運送事業経営届出書には、営業所の位置、自動車の種別、車庫の位置、乗務員の休憩又は睡眠のための施設の位置を記入しなければなりません。

また、「運賃料金料金表」や「事業用自動車等連絡書」も用意し、記入して提出しなければなりません。

正直言って初心者にはハードルの高い作業です。

もしも、黒ナンバーの軽バンを用意していない方は、専門業者に依頼すると手っ取り早くアマゾンフレックスに登録できますよ。

黒ナンバーを専門としてる軽バンリース会社の「GMSリース」では、アマゾンフレックスに必要な手続きを無料で代行してくれます。

GMSリースでできること
  • 軽バンのリース
  • 無料で黒ナンバーの取得代行
  • 自動車任意保険の加入(対物1億円以上、対人無制限)

軽バンを自宅まで持ってきてくれた際に、自賠責保険証、自動車任意保険証、貨物軽自動車運送事業経営届出書、車検証などの書類も受け取れます。

GMSリースに任せておけば、アマゾンフレックスに必要な書類を入手し、条件もクリアすることができます。

初めての方や時間がない方は、GMSリースで黒ナンバーの軽バンを入手してしまいましょう。

黒ナンバーの取得費用0円!

>>GMSリースで車両の在庫を確認する<<

無職やフリーターの方でも審査に通っています

アマゾンフレックスの登録方法については、下記記事でも詳しく解説しています。アプリのダウンロードが完了して登録作業に進む方は、ぜひ参考にしてみてください。

■関連記事:1分でわかるアマゾンフレックスの始め方!登録方法と必要書類紹介

アマゾンフレックスの評判について知りたい方は、下記記事を参考にしてください。

■関連記事:アマゾンフレックスの評判!業務委託のAmazon配達員の口コミ

コメントを残す