配達人生のプロフィール

Amazon倉庫バイトは、特別なスキルや資格がなくても高い時給が貰えるお仕事です。

しかし、軽作業がきついので、人によっては合わない可能性もありますよね。

この記事では、Amazonの倉庫バイトがきついと言われている理由を5つ紹介します。

Amazon倉庫の求人をみる

Amazonの倉庫バイトがきついと言われる理由5つ

ルールが厳しい

  • 走るの禁止
  • 扉を開ける時はノック厳守
  • 右側通行の厳守
  • 持込検査がある

作業場に持ち込める物は決まっています。

  • 財布
  • 飲み物
  • 時計
  • タオル
  • 筆記用具
  • 補聴器、ペースメーカー

スマホ、携帯は禁止されているので、ロッカーに預ける必要があります。

ミスがカウントされる

1日に100個以上の荷物を仕分けしますが、時にはミスをしてしまうこともあります。

ミスしてしまった回数がカウントされているので、プレッシャーに感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

でも、口答で伝えられるだけで感情剝き出しで怒られることはありません。また、数回程度のミスでクビにされることもないので、安心してください。

肉体労働

重い荷物を持つことはありませんが、1日中とにかく動いているので、暇な時間はありません。しかも単純作業なので飽きてしまう人もいるかもしれません。

のんびり働きたい人には向いていないですね。

私語禁止

勤務中は私語厳禁なので、同僚と喋りながら仕事をすることはできません。おしゃべりが好きな方には向いていないかもしれませんが、一人で黙々と作業したい方には向いています。

勤務時間を自由に選べない

あらかじめ決められた時間を働くので、希望の時間帯や勤務時間は選べません。募集している時間帯と勤務時間に合う方は応募してみましょう。

Amazon倉庫バイトはきつい部分もあるが働きやすい

Amazon倉庫バイトは、ルールが厳格で、私語厳禁なため、人によって向き不向きがわかれます。

向いている人は以下のような人ですね。

  • 未経験OKな場所で働きたい
  • 一人で黙々と作業したい
  • 体を動かすことが好き
  • 高時給の仕事を探している

Amazon倉庫バイトは、軽作業求人多数の「はたらいく」から応募できます。

Amazon倉庫の求人をみる

コメントを残す

CAPTCHA